アンパンマン おしゃべりアンパンマン路線バス

祖母は田舎で暮らしていた人でした。だから分単位でやってくる町なかのバスには、最初は「まあ便利だこと」と思ったようです。

でも、待ってるうちにだんだんイライラしだすんですね。来ても違う路線を回るバスだったり、止まらなかったり(市営の停留所に、民営のバスは止まりません 笑)そうかと思えば、反対方向に向かうバスが向かいの道路を何台も通っていったり。

それを見て、「便利なようで不便だよ」なんて理不尽なことを言いだします。そんな祖母が、やっと来たバスを見て言ったことがこの言葉だったのでした。

本当に乗りたいバスは、いちばん最後に来るんだねぇ

「そりゃ、あんまりだ~」と思って聞いていたのですが、でもね、人生ってそんなものなんじゃないかしらと最近では思うんです。

(この記事はホームページ「テープのおこし屋さん」に掲載した記事です)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly