ジンジャーコーラ

最初は「なんだか、のどが痛いな~」程度だったので、「空気が乾燥してんのかな」くらいに思っておりました。

それが、だんだん鼻がグジュグジュいいだし、くしゃみが出て、そうこうするうちに、のどの奥がヒリヒリしてきて…

はい。かぜです。わたくし、風邪をひいてしまいました。

きのうあたりから咳が出だしたので、炎症は順調に鼻から気管支へ移ってきているもよう。そんなときです。とある日記で「ジンジャーコーラ」なるものを発見してしまいました。風邪にいいそうです。

対象は「風邪気味に」って書いてある気もするんですけど、熱は出ていないので私のも初期症状に入ることとします。

そんなわけで早速近所のスーパーへ。「IMPORTED」って書いてある38円のコーラをゲット。メード・イン・アメリカ合衆国です。最近じゃこんなのがあるんですね~。安っ。そんなわけで、さっそく作成です。

鍋にコーラをザバーッ(豪快)
刻んだショウガをドバーッ(勇壮)
グツグツグツグツ…

ところで、これ、どれくらい煮るのかしら。とある日記によると、「ひたすら煮る。煮る。煮る。」と「煮る」が3個あったんですよね。

グツグツグツグツ…
グツグツグツグツ…

ハッと気づいたときには、分量が3分の1に減っておりました。…もしかして煮すぎ? 気を取り直してsumi父を誘って試飲です。味は、なんだかイソジンガーグル(笑)

ショウガ&コーラが嫌いなsumi父は、ものすごい顔をしておりました。
やっと飲み干して、ひと言。「茶、くれ」。
まったくもう、わがまま言っちゃいけません(怒)

ちょこっと調べたところ、「NIKKEI NET ウイークエンド版」では「ホットコーラ」として紹介されておりました。なんと、ホットコーラに関しては学術論文も出てるんだそうです。

「1960年代、香港の田舎」では、「沸騰するコークに、においの強い生しょうがとハーブを入れたもの」が「風邪のすぐれた治療薬」とされていたんだとか。へぇ~~~(32へぇぐらい)

もうちょこっと調べたところ、「煮立てる」のは「炭酸を飛ばす」ためなんだそうですよ。…おや、ということは、やっぱり最初のはちょっとばかり煮立てすぎてたってことでしょうか。ほほほのほ~。

写真は炭酸を飛ばす程度で、再度挑戦したジンジャーコーラ。
今度はけっこうイケる味でした。でも、sumi父は二度と信じてくれませんでした(涙)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly