笹まんじゅう

天空をまたたく星、織姫と彦星はどんな恋愛をしていると思いますか?
七夕Net workより)

上記サイトでは、上のような質問の答え方で、その人の恋愛の形の願望がわかるそうですよ。

きょうは七夕。天の川に隔てられた織姫と彦星のラブロマンスで有名な日です。どんな話か調べてみると…

お化粧もせず恋もせず機を織って働いていた織姫は、ふびんに思った天帝の計らいで、これまた働き者の彦星と結婚するわけです。ところが、結婚してからの二人は毎日遊んでばかり。それがとうとう天帝の怒りを買って引き離されてしまう…。二人が許されて会えるのは年に一度、7月7日の七夕の日。

でも、私が小さいときに聞いた話では、彦星は人間で、天界の織姫と結婚するために天帝の出す無理難題を解いていくって話だったと思うんですけれど…。

天帝の出す無理難題を、織姫の陰からのサポートを受けつつ、結婚というゴールに向かってクリアしていた彦星でしたが、最後の最後にウリの切り方を間違えて大水を出してしましました。どんどんあふれる水は二人を引き離し、ますますその勢いを増して… とうとう天を二つに分ける天の川になった、という話。

地方によって、いろんなバージョンがあるみたいですね。

日付けでいうと七夕は7月7日ですが、現在使われている新暦だとこの日は梅雨の真っただ中。なので行事に合わない…ってことで月遅れ(中暦)の8月7日を採用する所があるそうです。「仙台の七夕」なんかがそうですよね。旧暦は毎年変わりますが、ことしは8月22日になるそうです。

そして、七夕には笹飾りが付き物♪ なんですが、七夕伝説は中国や東南アジアでも数多く見られるのに、この笹飾りは日本特有のものなんだそうですよ。びっくり。

でも、考えてみたらわかるような気もします。古来、日本では竹は神聖なものとされていて、身を清めるほかに、魔をはらう儀式や神に祈りを捧げる儀式に使われていたという話を聞いたことがあります。竹取物語もこの信仰に基づいて生まれたというから、かなり古い文化なのでしょうね。

そんな笹飾りが登場したのは、一般でも七夕行事が行われるようになった江戸時代。飾るものに中国伝来のものを残しつつ、日本特有の飾り物が飾られるようになったそうです。しかも、どの家でも長いさおの先に竹飾りを結びつけ、どこよりも高くなるように競い合ったんだとか。

それまでは裁縫の上達を織姫に願うものだったのが、このころからいろんな願い事を短冊に書くようになったらしいので、短冊に書いた願い事が、より織姫たちに見えるように高さにこだわったのかもしれません。これは想像ですけど(笑)

そういえば、大阪の十日えびすでは本殿で「商売繁盛」を祈願したあと、裏へ回っていって、裏の戸をバンバンたたきながら、「えべっさん、聞こえてまっか? 今、お願いしたこと、あんじょうたのんまっせ!」と念押しするんだとか。西宮のえべっさんではこんなことないんですけどね。高さにこだわった江戸の人と、なんだか通じるものを感じてしまいます(笑)

写真は、本日のおやつ「笹ぼうず」(byヤマザキパン)

ポップに「七夕まつり」って書いてあったから、ついつい買っちゃいました。あんこは夏バテにいいそうですよ?(笑)

8時ごろまでは雲の切れ間から星がのぞいてたんですが、今(10時)はすっかり曇り空。今年の織姫と彦星は、どんな恋愛をしてるんでしょう♪

(この記事は「夢之歳月」連載王国内の「ふっと★ぷりんと」に掲載した記事です)

【追記】2004.07.08
昨日、まとめ損ねた話題があったので追加です。

年に一度、会うことを許される織姫と彦星。この日は晴天に恵まれて二人が無事に会えることを願うのが一般的なんですけど、雨が降って二人が会えないことを願う地域もあるんだそうです。まぁ、嫌だ。愛する二人に嫉妬メラメラ?(笑)

なんでもこの言い伝えは日本の一部の農村ということで、一粒でも雨が降ると豊作だけど、雨が降らずに織姫と彦星が会ってしまうと悪神が生まれ、疫病がはやったり不作になったりするというんです。旧暦の7月7日は新暦でいうと8月半ば。農作物としては雨が降らないと厳しいのかもしれません。

立場が違うだけで扱いもここまで変わってくるんですね。織姫と彦星の引き離される原因が「遊んでばかりで仕事を放棄していた」っていう悪いイメージがあったりするせいでしょうか。

恋愛も、心の距離感が大事よね…なんてことを思ってみたり。


[PR]


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly