no image

※はだける柔道着に関して、ちょっとまとめてみました はだける柔道衣 inロンドンオリンピック

たぶん、乙武さんの影響だと思います(笑)
けさ、柔道のダイジェストをチラッと見ました。

でも、これ、ほんとに柔道なんですよね? 私は柔道のことはよく知らないんですけど、これって柔道なんですよね。

まず、びっくりしたのが上半身をかなり低くして前かがみになってること。ず~っと小さいときにテレビで見た柔道って、もっと背筋を伸ばしてた気がするんですけど、これじゃなんだかレスリングみたい。

「私が知らないだけで、こんなものなのかな~」と思って見ていたら、今度はその姿勢でトントンとジャンプしたりしています。

え? 柔道って、すり足じゃないの??(驚)

ほんとに、レスリングみたいなんですね~。特に女子の試合を見て感じたのは、にらみ合いながら手を出したり引っ込めたりする動作。たぶん、技をかけようとして、かけられない…そんな状態なんだと思います。でもね、でもね、素人の私から見ると、なんだかこれって猫のケンカみたいに見えちゃうんですよ(ああああ、ごめんなさい、ごめんなさい)

そして、さらにびっくりしたのが柔道着。

日本人選手の柔道着はけっこうきっちりしてるのに、外国人選手の柔道着がバラリ~ンとはだけちゃってるのを見たことはありますが、今まではニュースで部分的に流されるのしか見たことがなかったので「きっと日本人選手のほうが強かったから相手はボロボロになっちゃったのね」なんてことを思っていたんです。が。これも直さないんですね、はだけても (^^;

けさのダイジェストでは、日本人選手もはだけちゃって、相手の外国人選手もはだけちゃってるのを見たんですけど、いったん離れたから「直すのかな~」と思って見ていると、日本人選手ははだけたままなりに帯をキュッと締めなおす動作をしたのに、外国人選手は襟のとこを持って広げるような動作をするのでした!

着ないの? 脱ぐの?(汗)

「襟を取られると技をかけられるから、それをさせないようにしてるんだ」とsumi父は言うんですけど…。でも、なんかやっぱり、ちょっと扱いが違う気がするのでした。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly