トカゲ台風襲来後

2000年から始まったことらしいんですが、北西太平洋域で発生する台風には領域の14カ国が名前を出し合って順番に付けているんだそうです。ココログでもこれがけっこう話題になっていて、いくつか記事を見かけました。

で、今回の台風の名前は「トカゲ」。

これ、トカゲ座から名付けたんだそうですね。なんでも日本が出した名前はすべて星座名なんだとか。調べてみると、トカゲ座っていうのはハクチョウ座とカシオペア座の間、ペガスス座の足の下にあるようです。

ハクチョウ座からトカゲ座にかけて銀河暗黒帯と呼ばれる暗い部分がありますが、このトカゲ座自体が空が澄んでないと見えない暗い星座なんだそうで、分類は秋の星座。どうりで台風も秋にきたわけですね…って、それは関係ないか (^^;

今回の台風は雨も風もすごくって、カミナリまで鳴っておりました。さすが巨大台風。停電してはたいへんと、きのうは早め早めに用事をすませ、台風が再接近するころには晩ごはんもお風呂も完了。早っ(笑)

考えてみたら、マイコン制御のお風呂って停電すると沸かすこともできないんですよね。便利になるって不便だな。

台風の中心が通り過ぎてからは特に風がすごくなって、建物はゴーゴー、窓ガラスはヒューヒュー叫び声をあげておりました。

こうなると何をする気にもなれないもんですね~。テレビをつけても見る気が起きず、かといって本を読む気にもならず、パソコンをするわけにもいかないので、ただただ携帯についてるゲーム「TETRIS」をピコピコやっておりました。耳栓して。何やってんだい。

そして、朝。
近所の川が警戒水位に達していた

…らしいということを、メールチェックで知りました(汗)

写真は雲の切れ目から差し込んだ夜明けの光。
太陽の光って、やっぱりなんだかほっとします。

【追記】

マジック:ザ・ギャザリング 【英語】 【アンリミテッド】 コカトリス/Cockatrice

ところで、なんでまた「トカゲ」なんだろうと、さっそくWeb検索してみました←暇人

星座なんだから、神話かなにかできっとトカゲに関するものがあるはずです。ってことで、「神話」「トカゲ」で検索してみたところ、「幻想世界小辞典」の「バジリスク Basilisk」のページで、それらしきトカゲが紹介されているのを見つけちゃいました。

バジリスク Basilisk
バジリコック Basilicock、またはコッカトリス Cockatriceとも。名前はヘレネス(ギリシア)語で「小さな王」の意。古代ヘレネス・ローマから中世ヨーロッパの伝承にみられる魔物(中略)アルドロヴァンディ Ulisse Aldrovandi(1522~1605)の「蛇と竜の博物誌」では図版に8本足のトカゲの姿で描かれていた。

幻想世界小辞典

トカゲ座って「8個の暗い星がジグザグに並んだ形」をしているんですよ。もしかしたらこのバジリスクを星座にしているのかもしれません。ここからさきは、ちゃんとした本を調べてみないとわかりませんけど。

ちなみにギリシャ語のバジレウム(王様)はハーブのバジルの語源でもあります。

【参考サイト】
幻想世界神話辞典

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly