DAS GESTALT

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.
Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen –
und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.
ICH BIN ich und DU BIST du –
und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schon,
wenn nicht, dann ist auch das gut so.

「ゲシュタルトの祈りGestalt Prayer」
Friedrich Perls,國分康孝訳

I do my thing. You do your thing.
I am not in this world to live up to your expectations.
And you are not in this world to live up to mine.
You are you and I am I.
If by chance we find each other, it’s wonderful.
If not, it can’t be helped.

我は我がことをなさん 汝は汝のことをなせ
我が生くるは 汝の期待にそわんがためにあらず
汝もまた 我の期待にそわんとて生くるにあらず
汝は汝,我は我なり
されど,我らの心 たまたまふれあうことあらば
それに越したことなし
もし心通わざれば それもせんかたなし

※フレデリック・S・パールズ(1893~1970)

「wenn nicht, dann ist auch das gut so.」という、最後の一文がある版とない版があるらしい…
必要だったからなのか、それほどでもなかったからなのか、その辺は不明。

誰かの物差しにあわなくて窮屈な思いをすることがあるけれど、そんなときにはこの呪文を思い出すといいかもしれません。

「ゲシュタルトの祈り」という訳文を知る機会があったので、原文をネットで探してみました。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly