小バエが出た土

アネモネを掘り上げたのに合わせて、パセリもすっかり処分してしまいました。
パセリ自体は元気にすくすく育っていたんですけれど、小さなハエがついちゃったんです(涙)

よく観察してみると、どうやら土に直接卵を産みつけて、退治しても、退治しても、どんどんかえっているもよう(涙)

土のほうは、ここ何日か、写真のようにチラシの上に広げて日に当ててるんですが…こんなんで大丈夫かなぁ。

そんな折、お気に入りブログ「きょうのいまいずみ」に「2005-05-10 小バエのこと」という記事がエントリーされているのを発見。

ここんとこ風邪で調子が悪かったという、いまいずみさん。その間に台所の残飯から小バエがわいてきちゃったんだとか。で、「小バエ」で検索したら、生ゴミだけでなく、コンポストとか、ベランダ栽培とか、クワガタの飼育だとか、いろんなところで困っている人がいることを知ったんだそうです。

そうですよ、これです、これです。うちのもたぶん、この小バエってやつだったんですね。私も調べてみたところ、コンポストなんかの場合、生ゴミの入れすぎやコンポスト内の水分量が多いと小バエが発生しやすくなるんだそうです。

パセリは水分の多い土が大好き。乾燥が苦手です。だから「しっかり水やりしなきゃ」と義務のように水やりしてたんですけど、これが悪かったんですね。

いまいずみさんのブログによると、「一番いいのは消毒用エタノールをスプレーすること」なんだとか。なるほど、この方法ならパセリにも有効かも。食材として使いたいので、小バエを退治するからといってあまり変なものは振りかけたくありませんもんね。

今度、発生したら消毒用エタノールを買ってこようっと♪ んで、暑くなる前に、できたら何かハーブに挑戦したいな。でもゴールデンウィークを過ぎちゃったから、ちょっともう遅いかな?

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly