no image

テープ起こしの廿さんのサイト「自営業だと家計はこうなる!」(めげずに独自の道を 2006.05.13)で、創造性とクリエイティブについてこんなおもしろい解釈がありました。

「ゼロから1をつくり出すのが創造性、1から10をつくるのがクリエイティブ」

数年前、ネット上にあった性格診断を受けたときの話で、診断結果の能力項目に「創造性」と「クリエイティブ」というのがあったんだそうです。そのサイトには特に解説がなかったみたいですけど、それぞれの分析結果から廿さんはこんな解釈をされたんだとか。

試しにcreateを「新明解国語辞典」(三省堂)で調べてみると、こんなふうに書いてありましたよ。

クリエート 〔create〕 創造すること。
そうぞう【創造】1.神が宇宙や人間・動物の祖先を造り出すこと。2.新しいものを自分の考えで造り出すこと。

旧約聖書によると、人間は「土のちりから神様のかたちに似せてつくられた」そうです。ってことは、神様が人間をクリエートしたときもゼロからつくり出したのではなく、「神様のかたち」という元になる「1」がすでにあったというわけですよね。なるほど~。

ちなみに「新英和中辞典」(研究社)によると、「create」や「創造」という言葉にはこのほかに<独創的なものを>創造する、<新型を>考案するという意味も含まれるようです。

こうなると言葉のイメージとしては他のまねでなく、独自の考えで物事を作り出すことの「独創(originality)」の意味が強くなってきますよね。

「create」の語源はラテン語で「産む、育てる」の意味があったそうだから、もともとは両方の意味を含んでいたのかもしれません。

つまりもともとどっちの要素も含む言葉だったのを、性格診断上よりクリエイティブな要素と、よりオリジナリティーの要素とに分けて分析する必要があったのかな、なんてことを想像してみた。

新しい性格診断にチャレンジしてみました

当時の性格診断はもうないそうですけど、その代わり「脳タイプ診断」というのが紹介されていました。私はどんなタイプに分類されるのかな~♪ 早速、やってみることにしました。

※現在は「脳タイプ診断」もサービス終了しているみたいです

●あなたの頭脳タイプ<Ac型>
謹厳派実直タイプ

言葉にセンスがあり敏感なあなたは、今後もたくさん本を読んで知識を取り入れ、博学を武器に活躍できます。
外国語を習得してそれを生かすことも考えられます。言葉は人間の最大の文化。文化をまるごと受け取って、良く理解した上で仕事に生かせたらあなたの能力は認められます。
史学・哲学・宗教学・心理学など言葉の理解を追求する分野で活躍できます。人を言葉で説得する仕事に、真摯に立ち向かってあなたは生かされるでしょう。

わーい、なんか褒められてる感じ(笑)

で、「社長になれる度数65%」で、「会社員でいることがあなたらしく成功していくことにつながる人です。」だそうです。65%… う~ん、これはちょっと微妙な数字 (^^;

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly