「スロークッカー」というのはちょっと耳慣れないかもしれませんが、煮込みものが得意な調理器具です。アメリカなんかでは一般的なものらしいですよ。

さて、我が家のスロークッカー、初めての料理はなんにしましょう。

付属のレシピにはビーフシチューとかロールキャベツとかおいしそうな料理が並んでるんだけど、sumi父のリクエストは、なんと「おでん」。

まだ大して寒くもないのに、おでんですってよ。暑苦しいなぁ(涙)

泣いててもしかたないので、初クッキングはおでんに決定。せっかくなので、牛すじの入ったおでんに挑戦してみました。大体の流れはこんな感じ。

1.牛すじの下処理をする。
・沸騰したお湯に牛すじを投入。浮いてきたアクと脂を取りながら、約20分ゆでる。
・下ゆでした肉をザルにとって水に浸け、指でゴシゴシしながら脂をよく落とす。
・食べやすい大きさに切り分ける(この後、ほんとは串に刺すんだけど、めんどくさかったので省略)

2.その他の具材を準備する。
・大根…皮をむいて輪切り
・じゃがいも…皮をむく
・卵…ゆで卵にして殻をむく
・こんにゃく…三角に切って、しっかりゆがく
・昆布…水に浸けてやわらかくなったら細く割いて、真ん中を結ぶ

3.調味料を準備する。
だし汁4カップ、酒大さじ3、みりん大さじ1、塩小さじ1.5、しょうゆ大さじ1.5、砂糖大さじ1~2

(味付けレシピはYour Idaho Friendさんのスロークッカーを使った日本人向け料理集」を参考にさせていただきました)

スロークッカー

スロークッカー初料理はおでん

コンロにかけたアルミ鍋に、1.2.3.を投入。ひと煮立ちしてからスロークッカーにセット。とりあえずスロークッカーに付いていたレシピに書いてあるとおり調理時間を6時間、調理温度「高」で調理開始です。

…。(スタートボタンを押した)

音がなんにもしませんよ? なんか、あまりにも静かなスタートです。大丈夫かな~(汗)

でも、ここでうっかり蓋を開けたりしちゃいけないんです。スロークッカーに付いてたクッキングガイドの「煮込みのPOINT!」にはこんなふうに書いてありました。

☆調理中は必ず蓋をします。
蓋をしないとタイマー付きスロークッカーの温度がなかなか上がりません

がまん、がまん。ちょっと心配だったんですけど、ほどなくしていい具合にクツクツいいだしました。途中、においがすごかったので(牛すじのにおい?)換気扇をつけたりして慌てましたけど、それは置いといて(汗)

スロークッカーを触ってみると、蓋や、外にむき出しになってる内鍋の部分はもちろん、本体もかなり熱くなっています。だから足があんなに長かったのかなぁ。

スロークッカーを置く場所はちゃんとしたスペースを確保してから調理にかかったほうがいいみたいですね。あ、それと、においのきついものは換気扇のそばで。

おでん1

少し時間がかかりますが、けっこうグツグツいいだします

3時間ほどして牛すじを試食。なんかすでにいい感じでやわらかくなってますよ♪ 調理時間を6時間としましたけど、今回はそんなに必要ないかも…。

ってことで、急遽、ごぼう天と野菜だんごを投入。じゃがいもがちょっと危険だったので、ついでにじゃがいもを救出(汗)さらに1時間ほど煮込んで、途中でじゃがいもを戻して、温まったころに完成としました。

できあがり

いい感じでできあがり♪

少し欲張りすぎちゃいましたね。具がちょっとあふれ気味(汗)
でも、味はちゃんと染み込んでましたよ。

感想は… スロークッカー最高♪

卵や大根は味も色も均一に染み込んでいます。美しい~。こんにゃくも、じゃがいもも、しっかり味がついてるし、何より牛すじがやわらか~い。sumi父もこれは気に入ったようす。よかった、よかった。

ってなわけで初スロークッカーは大成功でした。さて、次は、何、作る?(笑)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly