ドイツ・クリスマス・マーケット2006年

ドイツ・クリスマス・マーケットの目玉、巨大ツリーの周囲には、雰囲気満点のクリスマス・ヒュッテが立ち並んでいます。

「ヒュッテ」というのはドイツ語で「小屋」のことを意味し、クリスマス用のものはこんなふうにイルミネーションで飾るんだそうです。はるばる本場のドイツから運んできているそうですよ。

ドイツ・クリスマス・マーケットのヒュッテ

ヒュッテを覗くとこんな感じ。

つっかえ棒を外すと上にあがってる屋根みたいな部分が下りて、窓の扉になる仕組み。窓が開くと開店で、パタンと閉じれば閉店です。

時間によっては、こんなふうにハープの演奏をしているヒュッテもありますよ~♪
演奏予定時間は現地で貼り出されていました。

ドイツ・クリスマス・マーケットのヒュッテ

キリスト降誕を再現しているヒュッテもあります。雰囲気ありますよね。

キリスト降誕を祝うヒュッテ

そして、空中展望台とツリーの遭遇(笑)

ふと見上げると、変わった景色を見つけてしまいました。ツリーに近づいて上を見上げると、こんな不思議な景色が展開しています。展望台のドーナッツの穴のようになった部分がぼんやりと光るので、ちょっと不思議な雰囲気です♪

異国のヒュッテと巨大ツリーと近未来の風景。ちょっとおもしろい大阪です。

スカイビルの展望台とツリーのツーショット

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます