栴檀木橋から光のフェスティバルゾーンを見るとこんな感じ。土佐堀川にリバーサイドパークのイルミネーションの光が反射しています。

この1つ上の段にイルミネーションストリートの光があるはずなんですけど、音楽に合わせて点滅する前だったので消えちゃってますね(汗)ほんとはもっと輝いてるんですよ。

OSAKA光のルネサンス 堂島川

あと、あまり回れなかったんですけど、リバーサイドパークも覗いてみました。わかりにくいけど暗闇の中にキリンさんがいます。

OSAKA光のルネサンス キリンなど

他には、真っ白な天馬もいました♪
この像はなかなか目立っていて、スペースもあったので、記念撮影をしている人がたくさんいましたよ。

OSAKA光のルネサンス リバーサイドパーク

駆け足で見て回ったOSAKA光のルネサンスですが、パンフレットによると噴水とイルミネーションシップのパフォーマンスがあったり、船上ライブがあったりするそうです。中央公会堂ではコンサートもやってるみたいだし、ほんとに大きなイベントなんですね~。

今度は是非、狙いを定めてちゃんとしたイベントを見に行きたいな。人出は年々増えてるみたいで、覗いたときも、とにかくすごい人混みでしたけど。ウォールタペストリー周辺とか中央公会堂近辺は警備員さんもいて交通整理をしてましたよ。

でも、あともう1カ所、難波橋近辺も警備員さんを置いた方がいいんじゃないかな… と。

だってね、光のフェスティバルゾーンからバラ園へ向かう道路って地下鉄の工事現場もあって、けっこう暗くて人混みの割りに道も狭かったんですよ。そんな中を人混みに押されて押されて、難波橋にたどり着いて、やっとバラ園のイルミネーションが見えるんだけど、ここで一度橋の南へ出て横断歩道を渡らないといけないんです。

バラ園会場へ入るには、横断歩道を渡って、橋の真ん中辺りにある階段を下りなくてはいけないので、さらに人混みに押されて歩かなくてはいけません。こっち側で押されて歩きながら、渡った先の渋滞も見えているわけです。

イルミネーションが見えるのに、いつまでたってもたどりつきそうにない──途中の暗い道もストレスだけど、この難波橋もけっこうストレスポイントでした。横断歩道を渡るとこなんて、信号が赤になっても横断をやめない人がけっこういたんですね。はやる気持ちはわかるけれど、危ない、危ない(汗)

何か事故があってからじゃ遅いですもんね。来年は何か対策がとられてるといいな~。

【関連記事】
> OSAKA光のルネサンス3 06/12/27
OSAKA光のルネサンス2 06/12/27
OSAKA光のルネサンス1 06/12/26


[PR]


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます