THE WORLD LINKING TREE

諸事情はよくわかりませんが、THE WORLD LINKING TREEは2009年から廃止となってしまったようです。

中之島周辺で行われるこのイルミネーションのイベントは「OSAKA光のルネサンス」といって、今年で4年目を迎えるそうです。ずいぶん大勢の人が集まってましたよ。十日戎に負けないくらいすごいかも。

こんなににぎやかな催し物だとは知らなかったので圧倒されっぱなし(汗)ちょこっと覗く程度だったので、もちろんすべてを回りきることはできず… ちゃんと調べて準備していけば、いろいろ楽しめる所みたいです。

記事でアップするのは、イベントのほんとにごくごく一部ですが… それでは早速いってみましょう。まずは市役所前の巨大ツリーです。

高さは13メートルもあるそうですよ、大きいですね~。

なんでもサンタさんの国ノルウェーから愛と平和と友好のシンボルとして贈られたものなんだとか。

「ザ・ワールドリンキングツリー」(THE WORLD LINKING TREE)といって、1947年、第二次世界大戦の時代に英国から援助を受けたノルウェーが、感謝の気持ちとしてモミの木を贈ったのが始まりだそうです。

ここ大阪のほかに、ロンドン、ベルリン、ワシントンDCにも贈られているそうです。

市役所の南側に出ると、光のフェスティバルゾーン。ここからイルミネーションの通りが始まります。

光のプロムナード

とにかく、人、人、人。

光のプロムナード

中之島図書館の裏へ出る道なんて、人の流れが止まってましたよ。警備員さんが大きな声で人の波を整理してるんです。何をやってるんだろうと思ったんだけど、現地では確認のしようがないくらいの大渋滞(汗)

あとでパンフレットを見ると、図書館の壁を利用してウォールタペストリーという光と音楽の催し物をしてたみたいですね。それを見るために並んでいたもよう。でも、そこは人の流れがたまっちゃって、ちょっと怖いくらいでした(汗)

次の写真は栴檀木橋の側から撮ったイルミネーションストリート。

栴檀木橋の側からのイルミネーション

時間帯でストリート全体のイルミネーションが音楽に合わせて点滅するんですよ。びっくり~。ベストポジションには三脚のカメラの人たちが陣取ってました(笑)

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます