小梅 追熟後

今年は小梅に挑戦! 去年の「きょうの料理」を参考にチャレンジです。

この本には小梅のボウル漬けっていうのが載ってるんですよ、ホウロウ製のボウルを使えば手軽に漬けることができるんだそうです。

小梅は例によってコープこうべの「めーむ」で注文してみました。届いた時は真っ青だったけど、青いままだと固い梅干しに仕上がるそうなので、常温で追熟。4日ほど置いてみました。

本に出てる小梅は均一に黄色で、すごくきれいなんですけど、小梅に付いてたリーフレットによると…。

小梅干しの場合、普通の梅と異なりあまり黄熟にこだわると、かえって失敗しやすくなります

なんてことが書いてあるので、最初の写真くらいで漬けちゃうことに決定(小心者)

ちょうど2時間ほど水につけてアク抜きした後、竹串でヘタの茶色い所を取って、ふきんで水けを拭き取ったとこです。

水けを残すといけないので、1つ1つ丁寧に。

これがちょっと手間なんですよね~。ちっちゃいと余計にそれを感じます(汗)

で、作業上、樽に入れる前にとりあえず、うちにあるボウルに入れてみようとしたんだけれど… うおっ、小梅でも1キロだとこんなにあるんですね。入りきらないことがわかって、呆然とするの図。

思わずステンレス製のザルに避難させてます(梅は金属厳禁)

慌てて梅を漬ける樽を出してきちゃいました。

あふれる小梅

本をよく見たら、ボウルの大きさは直径30センチ程度って書いてありますよ。でっか~い。←ちゃんと見ましょう

気を取り直して漬ける作業再開です。

カビがこないように、ボウル、中ぶた、おもしに熱湯をかけて乾かしたものを使います。

小梅を漬けるのは初めてなので、あくまでもレシピどおりに(笑)

梅の重量の13パーセントの粗塩ってことなので、130グラム量って準備して~、焼酎をカップ1/4~。

トボッ!

…あれ?(汗)

残った焼酎が2/3くらいしかないんですけど。は… 入りすぎちゃったかな。

え~っと、え~っと。へーき、へーき。焼酎ですもんね、置いとけば蒸発(ほんとか)

ってことで、次の写真は混ぜ混ぜしたところ。

小梅

そして、1日たちました。

すでに梅酢がこんなに上がってきてますよ♪ もう、半分の重さのおもしにしてもいいかしら。

梅酢の上がってきた小梅

実はこれで大丈夫なのかと思ってたんですけど、まだまだ安心はできないそうですね。白梅酢がしっかり上がっていて梅に異状がなくても、梅や梅酢の表面にカビが出ることがあるんだとか。

ええ~っ、そうなんだ。梅酢が上がれば大丈夫だと思ってました…(汗)

早く漬け込む分、土用干しまで時間があるので、小梅の梅干しはしっかり注意する必要があるそうです。

仕事先では「今年の梅雨は雨がよく降るらしい」って話を聞いたんですけど、ほんとかな。

ほぼ日手帳によると、7月20日が夏の土用。それまではカビないようにしっかり目を光らせなくちゃいけません。

うわぁ、ずいぶん先ですね~(汗)

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます