梅干しを梅酢へ戻す

今回は、夜干しをする代わりに「きょうの料理」に出ていた梅酢に漬ける方法を取ることにした土用干し。1日目の夕方、早速、梅酢に戻します。

と、このとき、予期せぬ事態が! お日様に当ててた梅酢が蒸発して足りなくなってます!! ど、ど、ど、どうしよう(汗)

こういうのって、やっぱり梅酢に浸かってないとだめですよね。といって、水を足して増やすわけにいかないし…。

しかたありません。前回の梅干しのときにできていた梅酢を投入~。
お願いだから、足りておくれ(涙)

小梅の梅干し

大丈夫かな。まだいくつも顔がのぞいてるけど、ちょっとまし?(汗)

でもですね、問題なのは、前回の梅干しって普通にシソを入れて作ってたんですよ。投入したのは、実は赤梅酢だったんです。白干しのはずが、梅酢が微妙に桜色(涙)

中途半端な事態にすっかりテンション下がりっぱなし。でも、気を取り直して土用干し2日目です。

下の写真は、一晩、梅酢に浸けたあと。
一部カラカラだったのも、こうしてみると見た感じ少し復活してるように見えますね。

小梅の白干し

再び梅ザルに並べてみました。

小梅の土用干し

お昼過ぎ、上下をひっくり返してみました。もしかして、もうできてるのかな?

小梅の白干し

15時前だけど小梅はあまり干すと乾燥しちゃうそうなので、これにて終了~。

下の写真は、上の写真から10分くらいしかたっていないのに、こうして見るともう少し早く引き上げてもよかったかもしれませんね。う~ん、難しい…(汗)

小梅の土用干し 完成?

「きょうの料理」によると、干しあがればすぐに食べられるらしいです。早速、1つ味見したんですけど、かなりすっぱい仕上がり。味がなじむのは半年くらいしてからだそうだから、そのころにはいい感じになっているのかな?

ということで、来年の2月ごろを楽しみに待つことにします♪

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます