さて、続いては湯田温泉の伝説です。

JR西日本の山口線にある湯田温泉駅に降り立つと、こんな巨大な白狐のモニュメントがお出迎えしてくれます。ちゃんと名前もあるんですよ。「ゆう太」君といいます。

ゆう太君

ゆう太→ゆうた→ゆーた→ゆ~だ→湯田

ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい(笑)

でも、名前が単純だからって馬鹿にしちゃいけません。高さ8メートル、重さ3トンもあるんです。その辺の自動車より、でっかいぞう。

湯田温泉の足湯 大ざっぱな地図

ゆう太君の正体は、熊野神社に行けばわかります。

上の地図で言うと、梅乃屋の前を通る錦川通りを東へもう少し進んだ左手に見えてくる小さな山がそう。これが権現山と呼ばれる山で、山頂に熊野神社がまつられています。

熊野神社 階段

この長~い石段を上りきると…

熊野神社

やっと到着(汗)

神社入り口にあった「熊野神社の由来」によると、後円融天皇の時代、大内氏が統治していたときに紀州熊野神社を御勧請申し上げたのが始まりだとか。室町時代前期からの歴史があるんですね。

そんな山の麓には、その昔、境内に小さな池のあるお寺があったそうです。

白狐の伝説

あるとき一匹の白狐が夜更けにやってきて、傷ついた足を池の水にひたし、明け方近くになると権現山へ帰っていく姿を住職が見つけました。不思議に思って池の水に手を入れたところ、温かいお湯だったそうです。

白狐は七日七夜お寺の池に通い続け、すっかりよくなって山へ帰っていったので、近所の人に手伝ってもらって池を深く掘ってみると、熱い湯がこんこんと沸き出で、さらには薬師如来の金像が現れたそうです。

その後、薬師如来のお堂が建てられて、「この仏像を拝んで湯浴みをすると難病も治る」という評判がたち、「白狐の湯」として現在の温泉街に発展していきました。

この伝説、こんな感じでマンホールにも描かれているんですよ。
恐る恐る池の水を確かめる住職。

白狐伝説のマンホール

お湯が噴き出してきてびっくりの住職。

白狐伝説のマンホール

こんな感じで白狐は湯田温泉のシンボルになっているようで、この他にも足湯はもちろん、街じゅうにモニュメントがあります。

足湯「ニ」の噴き出し口。肉感的でけっこう怖い(汗)

足湯「ニ」の噴き出し口

白狐、入浴中。

白狐入浴中

公園の遊具にも白狐。

白狐モチーフの遊具

もちろん、マンホールのフタにも。

白狐モチーフのマンホール

このマンホールのフタ、よく見ると「公園通り」って通りの名前が書いてありますよね。

街の中には看板があまり見当たらないんですけど、マンホールに通りの名前が書いてあるので迷うことはなかったですよ♪ 足湯めぐりするときとか自分がどこにいるのか、これですぐにわかるので意外と便利でした。

【関連記事】
湯田グルメ ~ そば寿司 07/11/27
夏みかんの伝説 07/11/26
> 湯田温泉の伝説 07/11/25
秋芳の伝説 07/11/24

梅乃屋グッズ 07/11/22
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ホ」とタオル情報) 07/11/21
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ロ」→「イ」) 07/11/21
湯田温泉、足湯めぐり(宿→足湯「ハ」) 07/11/21
山口といえば ふく尽くし 07/11/20

秋吉台のアイドルいろいろ 07/11/19
秋吉台 秋の景色 07/11/19
秋の秋芳洞3 洞窟のさらに奥 07/11/17
秋の秋芳洞2 荷物をロッカーに預けて洞内へ 07/11/16
秋の秋芳洞1 駅弁ゲットは難しい… 07/11/15

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly