さてさて、今回の最終目的、足湯です。秋芳洞周辺には荻、長門、下関と観光地がありますが、湯田温泉の注目ポイントは市内5カ所に足湯があるんです。それも無料です(笑)

足湯に掲げられていた効能

ゆっくり市内を回りながら足湯に入るのもいいよねってことで、帰りの新幹線の時間まで、じっくり時間をかけて歩くことになりました。大雑把な地図で見ると、こんな感じ。

青い丸の「イ」「ロ」「ハ」「ニ」「ホ」が足湯の位置です。「ハ」がちょっぴり離れてるように見えますが、梅乃屋からゆっくり歩いて20分くらいでたどり着きましたよ♪

湯田温泉の足湯 大ざっぱな地図

まず最初に向かったのが足湯「ハ」。この足湯、ちょっとわかりにくい場所にあります。「ふれあい通り」を北上するんですけど、湯田小学校を目指して歩いたほうがいいかも。湯田小学校が見えたら、最初の曲がり角を西に曲がります。

「ここで曲がっていいの?」と少々心配になりますが、大丈夫。そのまま北上して神田郵便局まで行っちゃうと行き過ぎです。通りを2つほど戻ってこないといけません。

で、足湯を探すんじゃなく、「サンフレッシュ山口(山口勤労者総合福祉センター)」の建物を探します。なぜなら足湯はこの建物の敷地内にあるから。敷地の北東の隅っこにありますよ。

足湯「ハ」

写真は、サンフレッシュ山口の建物を背中にして足湯を撮っています。植え込みの向こうは一般道です。

お湯の温度はちょい熱め。でも三方を板壁で囲まれているせいか、硫黄の香りがこもっていていい感じです。通りからの人目もないのでのんびりできる足湯でした。

次は足湯「ロ」へ向かいます!

【関連記事】
湯田グルメ ~ そば寿司 07/11/27
夏みかんの伝説 07/11/26
湯田温泉の伝説 07/11/25
秋芳の伝説 07/11/24

梅乃屋グッズ 07/11/22
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ホ」とタオル情報) 07/11/21
湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ロ」→「イ」) 07/11/21
> 湯田温泉、足湯めぐり(宿→足湯「ハ」) 07/11/21
山口といえば ふく尽くし 07/11/20

秋吉台のアイドルいろいろ 07/11/19
秋吉台 秋の景色 07/11/19
秋の秋芳洞3 洞窟のさらに奥 07/11/17
秋の秋芳洞2 荷物をロッカーに預けて洞内へ 07/11/16
秋の秋芳洞1 駅弁ゲットは難しい… 07/11/15


[PR]


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます