カサミンゴーのケーキ

とあるセミナーで、カサミンゴーというお店のケーキ2品と出会いました♪ シュス木苺レアチーズケーキと…

コーラの栓じゃありませんよ~、ウィーンの銘菓ザッハートルテです。

ザッハトルテ

余計なものが写らないようにとわざわざ黒い布の上に置かれているのに、その配慮を木端微塵に打ち砕く魚眼レンズで撮ってみました♪ そう、KAKUYOのケータイレンズ・シリーズの魚眼レンズを購入したんです。

でも、魚眼レンズを自慢する前に、ケーキのことを書かせてください。試食したらおいしかったんです!

このケーキはどちらもカサミンゴーさんからのもので、お店は長野県にあるそうです。ケーキのほかにソーセージを作っていたり、フランス料理が楽しめたりするようです。外観も雰囲気ありますね。

ショップサイト⇒楽天市場でカサミンゴーのケーキを探す

※現在は楽天市場で取り扱いがあるようです

ということで、まずはシュス木苺レアチーズケーキから。普通に撮ってみました。でも、緊張のあまり手ぶれ(涙)

改めて、カサミンゴーのシュス木苺レアチーズケーキ

カサミンゴーのサイトには12、15、26cmの3種類ありますが、stmxで扱っているのは直径15cmのもの。こんなふうに、優しい花模様の箱に入って届きますよ。

ケーキの箱はこんな感じ

調べてみると、シュス(Shuss)というのは「すぐできる、早くできる」という意味で、ケーキの名前なんだそうですね。最初、「シュス木苺」というものがあるのかと思いました。ものすごい勘違い(汗)

カットするとこんな感じ。

一切れ切ったもの

コンフィチュールがたっぷり絡まった木苺を取り囲んでいるのは生クリームの飾り。ひんやりしたチーズケーキの層があって、その下はチョコ味のケーキ生地。いちばん下はシュトロイゼルという細かいクッキーが重なったような生地になっています。

木苺はチリ共和国(レプブリカ・デ・チレ)の渓谷地域から取り寄せてるそうなんだけど、思ったより新鮮な感じ。果肉がしっかりしていて酸味もきいてました。それにいちばん下のシュトロイゼルがおいしい~♪ 歯触りはサクサク。軽いので口の中でスッと溶けてしまいます。

写真ではわかりにくいんですけど、シュトロイゼルとチョコ生地の間にもコンフィチュールがぬってありますよ♪

ちなみにお届けは冷凍なので、冷蔵庫に5時間以上置いて解凍するといいそうです。試食は15時ごろだったんですけど、前の日から冷蔵庫に置いておいたんだとか。ちょっとひんやり感が残っていておいしかったです。ばっちりの解凍具合でした♪

電脳卸のカサミンゴーのページで注文できるんですけど、人気上昇中で発送まで1週間以上待つ場合があるそうです。

あ、ということは、今、まさにケーキの到着を待ってる方がこの記事を読んでいたりすることもあるのかな(汗)

本当においしかったので到着を楽しみに待っててくださいね♪


【あす楽】最高級洋菓子カサミンゴー シュス木苺レアチーズケーキ(15cm)【05P11Mar1…

【追記】08/02/17
記事がちょっと長いのでウィーン銘菓のザッハートルテ部分を別記事に移動しました。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます