ほうじ茶チョコ パッケージ

大丸の15階の多目的ホールで「ショラプロムナード」と題してバレンタインチョコの販売をしてるってことなので、大丸梅田店に行ってきました。イベント期間は1月31日~2月14日(最終日は午後4時閉場)

今日はベルギーのピエール・ルドンが5時半過ぎに登場。販売とサインをしてましたよ。

ピエール・ルドンのチョコレートは印象的なオレンジ色のパッケージで、扱っているのはベルギー伝統のナッツプラリネにフルーツピューレなどのショコラ類でした。

明日9日は、フランスのミシェル・リシャールが来るそうですよ。

【追記】08/02/08
会場はほんとにいろんなチョコレートがあったんですけど、さんざん迷って写真のチョコを買ってみました♪ 宇治園の生ショコラ、ほうじ茶バージョンです。そばにあるのはメッセージカード。裏は真白なので、思う存分、愛の言葉を書き込めます(笑)

チョコはおちついた緑色のペーパーバッグに入っています。

ちょっと渋めの手提げ

箱を開けると、こんな感じ。なかなかシックなデザインですね♪

箱を開けたところ

キューブ状でけっこう大きいので、なんだかキャラメルみたいです。
ちょっと1つもらっちゃいました(笑)

キャラメルみたいにキューブ状です

このチョコ、宇治園の「火男 “ひょっとこ”」というほうじ茶を練りこんでいるそうです。お茶もいい物なんでしょうね、すごくいい香りがします♪ ほうじ茶とチョコって案外合いますよ、ほんと。

濃厚な味と香りになんとなく黄粉の香りとコクを感じるんですけど、黄粉は入ってないんですよね。この複雑な味、何なんでしょう。

そんな味はけっこう年寄りにも向いてるようで、チョコを食べると必ず「歯が痛い」とか言ってくれるうちの年寄りからも、「まあまあ、おいしい」という最上級の褒め言葉がありました(笑)

試食では抹茶バージョンも頂いたんですけど、こちらは上品な甘さと抹茶の香りがおいしかったです。

説明のリーフレット

いい物に出会えたな~♪ こんなふうに実際の店舗に出かけるのもいいものですよね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly