リンクシェア レビュー アフィリエイト

ANA SKY WEB TOURのプロモーション、行きたい旅先や旅のプランの話題です。そういえば、そろそろ春休み。旅行に出かけることが増えるシーズンなんですね♪

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】春休み・卒業旅行におすすめ
この春オススメの家族旅行・卒業旅行

最近、私が気になる場所といえば、ずばり秋田。そうです、幼虫チョコを作っている、あのお店のある県です。

あの~、断わっておきますが、私は別に幼虫チョコを食べたいわけじゃないんですよ。幼虫チョコなんてものを作っちゃった、秋田という県が気になるんです。一体どういう所なんでしょう。そういえば東北には虫の佃煮があるんですよね…。

(注:東北の人が食べるのはハチノコです。カブトムシの幼虫ではありません)

でも、ちょうどAll Aboutのつくり手ブログでも秋田の話題が上がっていたりして、気分はすっかりトリコロール(笑)

All About つくり手ブログ:2008/2/24 PM 8:00 南青山で秋田の伝統工芸の新作を発表

このイベントは東京なんですけど、秋田の伝統工芸のメーカー13社が新作開発したお披露目をするんだそうですよ。伝統工芸の技術を駆使した器類を見ることができるみたいです。楽しそうですね~。

そんなわけで秋田のことをちょこっと調べていたんですけど、東北地方ってけっこうおもしろいエリアがあるんですよ。岩手県北、青森県南、秋田県北東の3地域をまとめてトリコロールエリアと呼んでいるそうです。

始まりは2002年12月。新幹線の開通を機に、藩政時代から歴史・風土・経済・文化など多方面で深いつながりがあることから、広域交流圏としてトリコロールエリアというものを設定したんだそうです。3地域をフランスの三色国旗、トリコロールに見立てての命名みたいです。

ANAの旅達(たびだち)(たびだち)サイトでも、ストーブ列車や白神山地が紹介されてるようですね。バナーには東北バージョンがなかったので、真反対の地域のものですが…。

【ANA SKY WEB TOUR】石垣島ダイビング

こちらのサイトでは会員になると限定ツアーの情報やクチコミ情報、穴場情報をゲットすることができるらしいんですけど、せっかくなので独自にトリコロールエリアのおいしいお肉情報を調べてみることにしました。sumi版トリコロールを楽しむ食メニューです(笑)

関西から岩手県二戸市へ

まずは金田一温泉センターゆうゆうゆ~らくで泡風呂を楽しんで(笑)

金田一温泉センターゆうゆうゆ~らく

風呂あがりに食べてみたいお肉がこれ。

菜・彩・鶏 株式会社十文字チキンカンパニー

このブランド鶏、キリンビールのサイトでも紹介されてたんですよ。

KIRIN うまいものアンテナ大特集 やきとり大特集

煮込んでもアクがほとんど出なくて、冷めてもやわらかいのが特徴なんだそうです。しかも抗生物質や合成抗菌剤を使用せずに育てているんだとか。

ヨーロッパのほうでは家畜に抗生物質を使うことが禁止されたそうですけど、日本でもこんな育て方をしてる所があるんですね~。

ぜひ、KIRINのサイトで紹介されていた「ひっつみ鍋」でいただきたいです♪

豚肉を求めて秋田県鹿角市へ

鹿角市には縄文後期のこんな遺跡があるんですね。ストーンサークルを見てみたい。触ってみてもいいのかな? だめかな(汗)

大湯ストーンサークル館

そして、こちらで食べたいお肉はこれ。

八幡平ポーク 農事組合法人八幡平養豚組合

このお肉、とにかくやわらかいんだそうです。しかも、おいしいのにお手頃価格なんだとか。揚げたてのトンカツで食べてみたい。

今度は牛肉を求めて再び二戸市へ

トリコロールエリアは赤身の多い短角牛の産地なんだそうで、いろんなブランド牛があるみたいです。

南部牛はもちろんのこと、いわて牛、いわて短角和牛、 秋田由利牛、かづの牛、いわいずみ短角牛、稲庭短角牛… え~っと、ほかに何があるのかな。牛メインで旅行ができそうな感じですね(笑)

この中でも食べてみたいのが稲庭短角牛。第5回日本短角種総合共進会の2部門で最高賞を受賞したそうですよ。

そんなわけで、締めはぜひ長山ミート直営の短角亭で焼き肉と冷麺を食べてみたいです。

短角亭

…でもこの調子だと、帰るころにはお腹がはちきれてるな(笑)

【参考サイト】
二戸広域観光物産センター カシオペアメッセ・なにゃーと

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly