以下の記事で紹介しているサービスは終了しました。過去の記録記事としてご覧ください。

もう少し続きます、見本市の話題です。出かける前からちょっぴり気になっていた、セシールのオーダーメード紳士靴、こちらも見てきました。

セシールの紳士靴

緊張のあまり手ぶれしてますね。しかも、またもや担当の方に持たせています。ほんとに人使いが荒くてすいません(汗)

キング セシール(メンズ大きいサイズ) - セシール

ともあれ、オーダーメードの靴だそうですよ。靴といえば実物を見て購入したい物の代表格ですよね。実際のところ履いてみないとわからないことが多いと思います。

今まで出会った靴の中で足にぴったり合ったものというと私にも1足だけあるんですけど、やっぱり店頭で試し履きして出会いましたもんね。REGALのスニーカーでしたけど、履いたとたんにフワッと包み込む感じがしてすごく気持ちよかったのを今でも覚えています。

オーダーメードをしかも通販だなんて、一体、どうなってるんでしょう?

それは計測に鍵があるようです。その方法の1つがこちら。見た感じスポンジなんだけど… なんていうのかな。そっと触れただけで細かな泡がプチプチはじけるような感じがして跡が残るんです。

見本だから手形になってますが(笑)本当はこれを踏みつけて足型をとります。

足の型をとるツール

このほかにも足の甲などをメジャーで計測するんですが、こうしたデータを基に複数ある木型のパターンの中からその人の足に適したものを選んで作成するそうです。

この方法の利点は、ゼロからその人用の木型を作成する一般的なオーダーメードと違って早く安価にできること。靴づくりを手掛けるメーカーさんが蓄積してきた長年のデータを基にしているそうです。

これへさらに履き心地などを確かめるために何度かメールなどのやりとりすることで、その人の足に合った物を作成していくそうですよ。

靴のタイプ、カラー、つま先、アッパー、ソールなどが選べ、その組み合わせは約200通り。セシールのサイトにその一例が出てました。靴って、ちょっと違うだけでかなり表情が変わるんですね。

ちなみに靴づくりを手掛けている会社はこちら。ホームページを発見してしまいました。ジョッキーやスケーターの靴にも実績のある会社なんだそうです。

武田製靴

単純頭の私は「靴といえば神戸」と思ってたんですけど、この会社は東京の浅草にあるんですね。ちょっとびっくり。何より自分だけの一足が通販で手に入ることにはさらにびっくりです。

ところでこちらは紳士靴なんですけど、女性用のオーダーメードはないんですか?

いちばん気になることを担当の方に聞いてみたんですけど、一言でいうと、女性用は難しいそうです。紳士靴とは比較にならないくらいのデザインの幅、そしてさらに各人多様な好みとこだわり、そういったことに対応するのってなかなか大変なことみたいですよ。

200通りじゃ間に合いませんか…。

今のところ難しい──という話はちょっぴり残念でしたけど、でも女性はデザインの幅が広いんです(笑)商品の分類は紳士靴でも、組み合わせによっては女性が履いてもおかしくないデザインもあるので、実際のところは女性からの注文もあるそうです。

外反母趾など足にトラブルを持ってる方にとって、足に負担のかからない靴ってやはり魅力ですもんね。

セシール - ワイシャツ特集

【関連記事】
パイオニアオンラインは音を楽しむ工作キットも置いてます 08/03/21
FORIS.TVは、やっぱりきれい 08/03/19
ネットで管理するタニタのからだカルテ 08/03/17
> セシールの通販で製作してもらう オーダーメードの紳士靴 08/03/14

大阪見本市2008に関連する記事を一覧で見る⇒
(全部で15件、書いてます♪)
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます