グリコのお菓子ボックス

大阪見本市、こちらも見てみたかったブースの1つ。グリコネットショップです。やっぱりグリコは期待を裏切りませんでしたよ。早速、こんなの発見。

そうです、オフィスグリコでおなじみのリフレッシュボックス家庭版です(笑)

実際にオフィスにあるのは下の写真のような感じなんですけど、ほとんど同じですよね。

でも、違うところがあるんですよ。わかります?

オフィスグリコのお菓子ボックス

私はわからなかったんだけど、ブース担当の方に教えてもらいました。そう、「100円入れてね!」が「おひとついかが?」になってます。「office glico」の文字もなくて、「REFRESH BOX」になってますね(当り前か)

でも、カエル君は同じ♪

オフィスグリコのカエル

ちなみにカエル君は、こんなふうに貯金箱風になっています。確認し忘れちゃったけど、家庭版もこのオフィス版と同じなんじゃないかな?

グリコのお菓子ボックスのカエル

お買い物体験をしつつ貯金ができて、付属のお菓子を食べてしまっても後々お菓子ボックスとして使えるそうですよ。う~ん、さすが大阪。無駄がありませんね(笑)

そんなちょっと楽しい展示品の中で、心惹かれたのがこちら。ギフト用のお菓子が詰まったセレクションギフトです。

グリコのお菓子

開けてみると、けっこうお菓子が入ってますよ~♪

グリコのお菓子

ブースにいたスタッフの方のお話では、こういう商品って、子ども会とかの景品によく利用されるんだそうです。なるほど~。

私も自治会の役員をしたことがあって、各家庭へこういう物を配る手伝いをしたことがあるんですけど、一から準備するとなると采配を振るう人はほんとに大変みたいですね。車を持ってる人に出してもらって、大袋で売ってる専門店で景品となるお菓子類を大量購入、個別にパックする包装類も数をそろえないといけません。

なんとか購入できても、まだ仕事があります。人数分、仕分けをしないと。手伝ってくれる人が作業しやすいように集会所に運び込んで、段取りを決めて一斉に袋詰め。もちろん中身を間違えたりないように、詰め終わった袋はきちんと管理しないといけません。

そういえば年間行事の中には敬老のお祝いの品なんてのもありましたっけ…(遠い目)

ともあれ、それが箱詰め状態でお届けしてもらえるってことは、ずいぶん負担が減るわけです。人気があるのも納得。

今の時期は進級、入学、入園のシーズンだからか、文房具+お菓子のセットが登場してましたよ。季節ごとにいろいろ登場するようです。

【関連記事】
セブンプレミアムのスープ 08/03/27
仁丹の闘う黒は女性にも愛用者あり 08/03/22
> ネットショップだからこそのグリコのお菓子、あれこれ 08/03/15
ベルメゾンの春のお弁当グッズ2008 08/03/11

大阪見本市2008に関連する記事を一覧で見る⇒
(全部で15件、書いてます♪)
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます