ネットで時々困ることには、オフ会で使う名刺をどうするかという問題がありますよね。

管理人もこれまではパソコンで適当に作ってプリントアウトしたものを使っていました。

でも、去年9月にMoo.comからMiniCardsが登場してからは、日本でもミニカードのサービスがいろいろ出てきたようです。

実のところ、「確かにおしゃれだけど、それってどうなの?」と思ってたんですが…。

リンクシェアのサンプルBOXで、株式会社グラフィック提供のDECOCAを体験する機会があったので記事にしてみました♪

レビューするのは自由ということだったので、勝手にレビューしちゃいます(笑)

DECOCA

DECOCAの大きさは7.3センチ×3.5センチ、Moo.comのMiniCardsは7.0センチ×2.8センチ、DECOCAのほうがちょっと大きめですね。どれくらいの差があるかというと、こんな感じ。「About me」って書いてあるほうがMiniCardsです。

DECOCAとMiniCards大きさ比べ

厚みはかなり違います。持ってる指のほうにピントが当たってしまいましたが(汗)雰囲気はわかるかな? 重なってる下側がDECOCAのミニ名刺です。厚みもちょっぴり勝っています。

DECOCAとMiniCards 厚み比べ

注文すると、こんなふうにメール便でやってきます。不在でもポストに投函されてるのでこれは安心ですね♪

DECOCA 届いたところ

開けると、厚紙に挟まれたDECOCAバーが入ってます。けっこう厳重?

DECOCA 開封

それもそのはず。DECOCAバーにはミシン目が付いていて、そこからパキッと割ることができるんです。

DECOCA

なので、混乱しないように裏には数字が振ってありますよ。これなら、おっちょこちょいの私でも安心(笑)

DECOCA

早速、カードを取り出してみました。1つの箱に16枚のミニ名刺が入っています。前回作った普通サイズの名刺も並べてみました。みんなで大きさ比べ(笑)

DECOCAとその他の名刺類

SDカードのそばにあるのは、DECOCAを裏返しにしたものです。こちらの面にサイトURLやメールアドレス、ハンドルネームなどが書き込んであります。

うちはサイトのURLが長いので、2行になっちゃいました。ちょっとかっこ悪い(涙)

サイトURLというのは「覚えてもらいやすい」という点からも短いほうがいいらしいので、うちのURLが長すぎるというわけですね…。

DECOCA

あまりカードが小さいと、ポケットに入れてるとうっかりどこかへやってしまいそうですが、DECOCAは厚みがあってしっかりしてるのでその心配はなさそうです。

持ち運びは、DECOCAバーから切り離した箱にそのまま入れておけばいいですよね。でも試しに、ほぼ日手帳のポケットに入れてみることにしました。

DECOCAと、ほぼ日手帳

おお、ぴったりジャストサイズですよ~♪ あんまりたくさんの枚数は入らないけれど、とっさに取り出すくらいならここに入れておくことができそうです。

実際に、手帳を閉じて、開いて、取り出してみたところ、7.0センチだとポケットのマチのところに隠れて取り出しにくいことがあるようです。DECOCAはポケットからちょっぴり飛び出しているので、サッと取り出すことができますよ。0.3センチの差は大きいですね(汗)

少し長くなったので、ミニ名刺作成に関しては次の記事で紹介しますね。

【関連記事】
オリジナル画像でミニ名刺を作ろう! 08/05/18
> DECOCAのミニ名刺 大きさ比べ 08/05/14

【参考サイト】
株式会社グラフィック DECOCA

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly