高気圧に覆われた影響でほぼ全国的な猛暑日になった昨日、トータルヘルスデザイン主催の勉強会に参加してきました♪

今までも「体験エステツアー」という形で何回か自社が扱う商品を紹介してきたそうなんだけど、今回は少し視点を変えて、「会社のことをもっと知ってもらおう」という趣旨で開催されたイベントだそうですよ。

トータルヘルスデザイン社屋

そのため内容も、会社説明と取り扱っている代表的な商品紹介にかなりの時間を割いたものでした(でも、時間が足りないくらい・汗)さらにアフィリエイトに関する勉強会もあったので、すごく盛り沢山です。

こういう内容ってちょっとうれしいですよね。商品についてであれば、実際に自分が使うことである程度は把握できます。でも、じゃあその商品を扱っている会社はどんな会社なの? という点はあまり情報がありません。

もちろん大抵のサイトには会社概要のページが用意されているものですが、物を売っている「気持ち」の部分がいまひとつ伝わりきれていないことが多いような気がします。今回、勉強会に参加して感じたところでは、勉強会:サイト閲覧=10:1くらいかしら??

ということで、私が感じた10の部分をまとめてみようと思います。

さて、この会社、サイトを見るとよくわかるんですけど、とにかく扱っている商品が多岐にわたっています。それこそ、建物から化粧品まであるんですよ。最初にサイトをのぞいたときは、「これは、一体何の会社??」とびっくりしちゃいました(汗)

「いろんな会社が作っているいい物を見つけて紹介するのが主な仕事」ということですけど、テーマはたった一つなんですね、「体にいい心地よさ」です。

実はこの社屋そのものが取り扱っている商品の1つなんですよ。その名もエコ・オフィス。「土地をよくしていく」ことをテーマに、快適な環境づくりを土台部分から提案しているそうです。

建物は快適な環境づくりを土台部分から提案している

対象は個人の部屋で使用するような炭の置物から、レストラン、オフィス、工場といった建物まで。テーマは1つだけど守備範囲が広いですよね。まさにこの会社のイメージそのままです(笑)

ちなみに敷地内には菜園があって、今はニラができてるそうですよ。時間があったら見てみたかった…。残念。

そしてこちらは勉強会の最中にいただいた冷たい飲み物たち。

夏におすすめ冷たい飲み物

うっかり聞き忘れたんですけど、お茶はたぶん霧島茶じゃないかな。

ナイアス霧島茶
ナイアス霧島茶 (3g×18パック)

水出しの緑茶だけど、渋みとか苦みがなくてすっきりした飲み口です。

実は今回、会場が変わったので、勉強会が始まる直前に駅前の市民文化ホールからトータルヘルスデザインの京都本社へ移動することになったんですね。

酷暑日のお昼過ぎ。約5分の道のりですが、駅前はコンクリートなのでけっこう照り返しも強くて蒸し暑く、すっかりのどが渇いてしまいました。でも、そんな状態でもこれは飲みやすかったです♪

サイトの説明を見ると、天然のアミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富で、体内に吸収されやすいことからマラソンランナーがレース中のスペシャルドリンクに使ったりするそうです。なるほど、のどの渇きが楽になるわけですよ。

ちなみにこのお茶、焼酎やウイスキーの水割りにも最適なんだとか! 前回サントリーのレビューをしたあと、角瓶の中くらいのを買ってきたんですけど(笑)これはぜひとも試さねばなりません♪

そしてこちらはロイヤルビワミン。

健康ぶどう酢 ロイヤルビワミン
【送料無料】健康ぶどう酢:ロイヤルビワミン 1.8L

自分の好きな濃さに薄めて飲むものだそうです。いただいたのは標準の濃度かな。酸っぱいけど、ツンとした酸っぱさではないのでこれも飲みやすかったです。暑い夏には最高♪ 名前に「ビワ」という文字が入っているとおり、ビワエキスが入ってるそうです。

こんな感じで勉強会中もさりげなくトータルヘルスデザインを体験してました(笑)

この自然さは、いざ自分の暮らしに取り込むときに気軽でいいかもしれませんね。体にいいものって、なんだかつい気張ってしまうことが多いような気がします。

もちろん、エバメールのジェルクリームの写真も撮らせてもらいましたよ♪

エバメールゲルクリーム

このクリームを作っているのはエバメールという会社で、原料の水から研究を重ねている所。水分80パーセントの保湿クリームなんだそうですよ。つけて寝ると、翌朝はツルップリッとしてるらしいです。まさに体にいい心地よさ。

ちなみに手のモデルをしてくださっているのはトータルヘルスデザインの写真担当のおねえさん。これまた豆情報ですが、使ってるカメラはキヤノンだそうです。思わず、「私、KissFを買うつもりなんです!」と申告(笑)やっぱりEOSシリーズっていい物らしいです。欲しいな、買うぞ。

勉強のあとは、ショールームも見せていただきました。
時間がなくて普通に撮ってますけど、魚眼レンズでとればよかった~(涙)

これ、ごく一部なんですよ。部屋自体はそんなに広いスペースではないけれど、なんだかアミューズメントパークのような空間です。東京にもこうしたショールームがあるそうですよ。

ショールームの一部

何よりびっくりだったのは、こうした取り扱い商品は全部で900点近くあるそうで、そのすべてをスタッフの人が体験して確認しているという点。サイトで紹介するときにはいい点と悪い点の両方があった場合、両方とも明記しているそうです。「性能ありき」が基準ということなんだけど、これはちょっとびっくりしました。

化粧品やサプリメントは、ある人にはとてもよくても、ある人にはあまりよくない物もあるわけだから、こうした地道な努力ってとても安心感がありますよね。自分でも試してみたい商品がこの他いろいろあって目移りしちゃいました♪

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly