熱中飴

8月7日は立秋だったんですけど、その辺りからすっかり涼しくなってきました。天気予報では「まだ暑くなる日がある」なんて言ってるんですけど、ほんとでしょうか(汗)

ともあれ、この夏お世話になったもの。熱中飴です。

2006年ごろからネット上でも記事になり始めてるみたいですね。テレビで紹介されてるのを見たのもそのころだったかな? 今年に入ってから近所のスーパーでも見かけるようになりました。

見つけたときは「うえ~」とか思ったんですけど、sumi父がおもしろがって購入。せっかくなので私も味見してみました。

「一に水分補給、二に熱中飴」ってキャッチフレーズ、1つ1つの小袋にまで書いてありますよ! すごいな~。

熱中飴

袋から出すと、こんな感じ。なんだか渦を巻いてます。

熱中飴

横から見ると、どんぐりみたいですね(笑)

熱中飴

味はクエン酸と塩というだけあって、濃厚なスポーツドリンクのような、酸っぱくない梅干しのような(笑)塩味の濃いレモン風味のキャンディーです。塩分が普通の塩飴の10倍くらいの塩分が入っているんだとか。

この飴を作ったのは大阪の井関食品株式会社。建設会社から「猛暑時に手軽に塩分をとれるようにできないか」と依頼を受けて開発されたそうです。

それまでは炎天下で道路工事などの作業するとき、工事に携わる人たちは業務用の塩の小袋で塩分補給してたんだそうです。熱中症予防のためとはいえ、塩をそのまま口にするのって辛いですよね。いくらお水を飲んでも間に合いそうにないし。

そんなわけで、ここんとこ続く猛暑で一般にも広がってきたみたいです。確かに手軽に塩分がとれますもんね。この飴を食べるときはお茶が必需品だけど。

こういうの、これから毎年見かけるようになったりするのかなぁ(汗)

※この飴は熱中症の症状を改善する物ではありません。症状が出た場合はすみやかに医師の診断を受けてください。塩分制限されている方は医師と相談のうえ成分表を十分ご確認ください。

*****

9月2日のメンテナンス後、ココログは1ファイルにつきアップロードできる容量が40MBから1MBになるそうです。

今のところ私が利用しているのは携帯カメラで撮った写真なので、1記事につき6枚くらいなら大丈夫そうなんだけど(記事の文字部分も勘定に入るのかしら?汗)、それでも滝見小路を紹介した記事のように場所を紹介していると、ついつい写真の数も増えちゃうので1MBを超えてしまいます。

動画のほうは最初のうちはポッドキャストをしてましたが、手軽なので最近はすっかり@nifty動画ばかりになっていて(汗)そのためこちらは問題なく使えそうです。

でも、9月になったら一眼を買おう! とウキウキしてたんですよね。よくのぞく一眼ユーザーの方は2MB前後のファイル容量を使ってらっしゃるみたいです。撮るものにもよるかもしれないけれど、一眼の写真を利用する場合、写真加工をしっかりやらないと1MBの枠はかなり窮屈そう…。

でもまあ泣いててもしかたがないので、今回の記事はフォト蔵を使って作成してみました。

写真をそのままフォト蔵へアップ。適当に表示する大きさを選んで、ブログはりつけ用のタグを作って… と、簡単なことは簡単なんだけど、複数の写真を扱う場合、1枚ずつタグを作るページへ移動するのがちょっぴり面倒くさいような気がしたり(汗)

それに写真をそのまま使うのは手軽だけど、これだと写真にサインが入ってないしなぁ。サインを入れて(写真加工して)からフォト蔵にアップしないといけないわけか。フォト蔵って写真共有サイトのためか、あまり写真にサインを入れてる人っていないんだけど…。

ただ、フォト蔵で何かトラブルがあったときは写真が表示されない状態になるわけですよね(汗)

ココログを使いつつ写真はFlickr:を利用してる人もいるようだから、そんな非常事態はあまりないのかもしれませんけど…。

しばらく試行錯誤しないといけないようです(涙)

【追記】08/08/27
ココログでポッドキャストを続ける方法を紹介してるサイトがありました! ブログのお引越しをせずに外部サーバを使ったやりかたがあるようです。いろんな方法があるんですね~。

Podcast journal – ポッドキャストジャーナル
ココログでポッドキャストを続ける方法

【関連記事】
この夏、お世話になったもの ~ 甘酒 08/08/31
> この夏、お世話になったもの ~ 熱中飴 08/08/26

【参考サイト】
井関食品株式会社

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly