なんの予備知識も持たずに出かけた滝見小路だったんですが、そこはなんとも昭和の雰囲気たっぷりの地下街でした。梅田スカイビルみたいなぶっ飛んだ構造のビルの足元に、こんな一角があったんですね~。びっくり。

古井戸

滝見小路の中にはこんなものが。古井戸発見(笑)ほんとに昭和ノスタルジーですね、ちょっとそぞろ歩いてみるのも楽しそうな空間です。

先ほどの池のある広場から入ってきてすぐは左の写真のような感じ。ちっちゃな七夕飾りが天井を埋め尽くしてます。なんだか不思議な雰囲気。

ちょっといい感じのポストの向こうには、大きな柱に笹飾りが施されていました。願い事を書いた短冊がたくさんついてましたよ。

七夕飾りと昔タイプの郵便ポスト

なんだかタイムスリップしたような街並みにも七夕飾り。そんな街の中には、懐かしいニッパー君もいますよ。もちろん七夕飾りと一緒♪

神社とニッパー君

お店の前にはオート三輪が止まっています。そして、そのそばには当然のように七夕飾り。

オート三輪

オート三輪の向こうにはニッパー君が見えています。そう、実はこの二人(?)向かい合わせなんですよ。けっこう仲がいいみたい(笑)

ちなみにニッパー君の隣は昔懐かしの交番になっています。見た目はなんだか箱みたい(笑)
看板には「滝見交番」と書いてありました。

ニッパー君とオート三輪

調べてみると、梅田七夕は去年から始まった新しいイベントのようです。今年はもう明後日で七夕飾りも終わってしまいますが、来年もやるのかな? 笹舟灯籠とか楽しそうですよね~。

来年は要チェックイベントです♪

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly