管理人は言葉を文字にする仕事をしています。そうした仕事をするうえで、ヘッドホンは必需品です。

ただ、ヘッドホンと名のつくものはあまたあるけれど、人の声を聞くのに向いたヘッドホンってどんな物があるんでしょう? 音楽を楽しむヘッドホンと違って、低音部分が強調されると雑音と音声の聞き分けが難しいことがあるという話も聞くのですが…。 まずはヘッドホンの基本をおさらいしてみました。

形状でざっくりと分類すると次の2種類になるようです。

密閉型と開放型

密閉型

遮音性が高いタイプ。音漏れが少ないので、複数で作業するときにはお隣さんに気を使わなくていいかもしれません。ただ、つけ心地は疲れやすいものが多いように感じます。イヤーパッドに通気性のない物が使われるので夏場は蒸れるという声もあるようです。

振動版が抑制されるタイプは音に癖がつく傾向があるのが気になるところ。

ノイズキャンセリングの代表格ヘッドホンには、プロのパイロットも認めた消音技術が使われているボーズの「QuietComfort」があります。

開放型

遮音性が低いタイプ。音漏れが多いので、隣に作業をする人がいる場合は気をつけたほうがいいかも。でも、逆に言うと、お隣さんが密閉型のヘッドホンを使ってるなら平気かな?(笑)

つけ心地はよく、長時間使っていても疲れにくいのが特長で、イヤーパッドも通気性のあるものを使われています。

振動版の動きが抑制されないため、音は素直。聴き疲れがしにくい点も魅力です。

こだわりヘッドホンの入門機としてATH-ADがあります。肌触りのいいベルベット調の布製イヤーパッドを使用しているので、つけ心地のよさには定評あり。

このほかに、どんなふうに耳に装着するかでさらにいろいろ分類されるみたいですね。並べてみると、こんな感じになります。

装着方法による分類

インナーイヤー型

ポータブルプレーヤーによく付いてくるタイプのヘッドホン。耳介にひっかけて使います。開放型のものが多いみたい。

耳介にひっかけるので、サイズが合わないと落っこちてしまうことがあるのだとか。管理人はまだ試したことがないんですけど(汗)どんな使い心地なんでしょう。あまり長時間向けではないような気も…。

カナル(耳栓)型

外耳道に押し込んで使います。密閉型のものが多くなるようですね。自分の耳に合うかどうかで装着感・音質に大きな影響がありますが、管理人はあまり合うものと出会ったことがないような…(汗)

好みが大きく影響しそうなタイプです。

ヘッドバンド型

ヘッドホンというとまず頭に浮かぶ、一般的なタイプ。ヘッドバンドを頭の上に載せて使います。耳に密着しやすいという利点あり。開放型と密閉型の両方があります。

このタイプでは、ソニーのMDR-900STやMDR-Zなどは原音に忠実な音質を再現してくれるヘッドホンとして有名。

管理人は未体験ではありますが、首の後ろに装着するネックバンド型があります。

耳かけ型

クリップを外耳にひっかけて使います。耳に密着しにくいというのが特徴といえるでしょうか。
外耳を挟むクリップ型のものもあります。

長時間使う仕事用ってことならヘッドバンド型がいいけれど、耳との相性がよければカナル型も選択肢に入ってきそう。カナル型もイヤーピースがいくつかセットになっているので、自分の耳に合わせることができるものもあるようです。

ざっと起こすのに負担の少ない開放型のヘッドホンを使い、密閉型のヘッドホンで聞きなおすなど、耳のことを考える場合は使い分けをする人も多いようです。

【関連記事】
人の声を聞くためのヘッドホン 08/09/26
> 自分に合ったヘッドホンを探そう ヘッドホンの基本 08/09/26

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly