ここんとこヘッドホンは仕事先のを使わせてもらっていたんですけど、自分のヘッドホンを検討中なのです。自宅でテープ起こししてたときのものはずいぶん前にsumi父に譲っちゃったので、何かいいのを購入せねば…。

テープ起こしで必要な条件は、とにもかくにも「人の声が聞きとりやすい」こと。秋の夜長ということでオーディオ関係の紹介が増える時季ですけど、声を聞いて文字にする場合、音楽用のじゃだめなんですね(汗)

でも、ネット上を検索しただけじゃ最近の情報ってすぐには見つからないものなんですね~。皆さん、どんなものを使っているのかなぁ。最近のヘッドホン情報ってどんなものがあるのかしら。

ここんとこ情報収集をおさぼりしていたので基にしている情報は少々古いのですが、ちょこっと調べてみることにしました。

ヘッドホンって本当にいろんな種類があるんですが、特集ページでもまとめたように、形状でざっくりと分けると「密閉型」と「開放型」の2種類になるようです。

このほかにどんなふうに耳に装着するかで、さらにいろいろ分類されるわけですね。分類について興味のある方は特集ページを見てもらうことにして、ここではヘッドホンについて、さらにいろいろ検討してみようと思います。

しっかり聞く密閉型

パソコンのファンの音、機械のアラーム音、同じ部屋にいる人の話し声… 音を起こす環境ではけっこう雑音になるものにあふれています。こうした雑音が人の声を聞くときに意外と邪魔になることがありますよね。そんなときに威力を発揮するのが密閉型のヘッドホン。

中でも、音がいい(もちろんテープ起こし的に)と古くから定評があるのはSONYのMDR-CD900STです。

比較的軽いとはいえ重みはあるようで、「長時間つけていると耳が痛くなる」「疲れやすい」という声があるのが気になるところ。でも、多くのレコーディングスタジオで使用されているだけあってコストパフォーマンスはいいみたいです。

あと、ノイズキャンセリングの機能があるヘッドホンだと、周囲の雑音を消してくれるので音に集中することができるという点が魅力的。ただ、弱い音声のときはホワイトノイズ(シャーッっていう音)が気になることがあるみたいです。

このタイプでよく耳にするのはSONYのMDR-NC60(19,800円税込 08/09/26現在)。「上質な生活」がコンセプトのRefinoでも扱ってましたよ。

このシリーズでは、現在MDR-NC60というのが出ているみたいですね。MDR-NC60はヘッドパッドにクッションがあって、スポンジも厚めになっているので装着感が楽なんだとか。ノイズキャンセリング機能をONにしても、音にゆがみが少ないそうですよ。

ノイズキャンセリングヘッドホンの代表とも言われるBOSEのQuietComofortシリーズも評価が高いヘッドホンの一つ。消音効果と音質のバランスがいいのが特徴で、現在は QuietComofort 2 が出ているようです。ただ、こちらはお値段がお高いのがなんというか…(汗)

まあ、ノイズキャンセリングを使っても、素材の音そのものが雑音の中に声が埋もれてるようなのだとどうしようもないわけですけど(それはまた別の問題?・汗)

あと、パイオニアの密閉型ヘッドホンはSE-M570は高音から低音まで過不足がないというので、これもちょっと気になります。

長時間使うなら開放型

細かいところまで聞きとれる密閉型もいいけれど、大なり小なり装着感に難点があるのはどうしようもありません。話し声がはっきり聞こえる録音状態で長時間の作業になるのなら、装着感のよさを重視したほうがよさそうです。

装着感のよさで定評があるのはaudio-technica。テープ起こしを始めたころはATH-AD500(10,500円税込 08/09/26現在)とか気になってたんですけど、これも発売が5年前のヘッドホンになるんですね。ほかにどんなものがあるのかな。

音の正確性ではカナル型の評価が高いようで、ここ最近、このタイプが多くなりました。電車で音楽を聴くときなんかは密着性があるので雑音が気にならなくなるんだとか。

カナル型の中には音の正確性が世界最高とも評価されるEtymotic ResearchのER-4Sがありますが、ただ、やっぱり値段がお高め。3万円くらいします(汗)1万円代でER6Iというのがあるけど、人の声を聞く場合はどうだろう…。

SONYの「EXモニター」シリーズもカナル型ですけど、こちらはMDR-CD900STの設計コンセプトを継承してるんだとか。MDR-CD900STは「声が聞き取れる」と定評のあったヘッドホンだったから、使い心地も含めて気になりますよね。

現在は販売が終了してしまっていますが(涙)「EXモニター」シリーズではMDR-EX90SLというプロ仕様のものもあるようです。

ただ、パソコンから音声を拾う場合はこんな意見もあったりして…。

PC本体のヘッドフォン出力はおまけ程度なんだから、音質を求めること自体が大きな間違い。音質をあげるなら別途サウンドボードをとりつけるなどしたほうがよい。

ええ~っ、そんなの難しそう…。というか、そんな身も蓋もない(汗)
ヘッドホンの検討、少々難航しそうです。

【関連記事】
> 人の声をきくためのヘッドホン 08/09/26
自分に合ったヘッドホンを探そう ヘッドホンの基本 08/09/26

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly