残念ながら、このアイテムは販売終了となりました。過去記事としてご覧ください。

さてさて、クックマジックです。

何が魔法なのかというと、この容器を使うと電子レンジでの調理が効率よくできるということみたいです。そして保存するときは、減圧して保存できるということみたい。

クックマジック

レシピを見てみると、いろんな料理ができると書いてありますよ。ざっと書き出してみると…。

菜っぱものなどの無水料理、漬物や煮物などの野菜料理、照り焼きやみそ煮などの魚料理、角煮や生姜焼きといった肉料理、オムレツや茶わん蒸しといった卵や乳製品料理、おこわやごはんといったご飯料理、スープなどの汁もの料理、その他としてプリンやポップコーンなんかも紹介されています。

使いこなせれば、これはなかなか便利そう♪

一見、普通のタッパーにも見えるけど、普通のタッパーと違うのがこの部分。

クックマジック

クックマジックのキャップ部分です。保存するときは、この部分が活躍するわけですね。

中央の丸い部分は、触ってみるとびっくりするくらい薄くてペコペコ。向こう側が透けて見えるのがわかります?(汗)

クックマジック 弁の部分

大きな爪みたいな取っ手で四隅を固定して…。

クックマジック 取っ手部分

フタの上からググッと数回押さえると…。

クックマジックを減圧してるところ

こんなふうにペコペコの部分がへこむので、減圧されたことがひと目でわかるようになっているというわけです。これで冷蔵庫に保管するわけですね。

クックマジック 減圧

今までは、減圧するためには専用のポンプが必要だったり、減圧された状態がわかりにくいことから、きちんと減圧ができていなかったり… なんてことがあったようですが、これはその点、気軽に使えそうです。

ただ、このへこみ、いつまでもへこんでいるわけではなく、数分もすると形は元に戻ってしまいます(汗)このとき試しにキャップを外すと、「ペコッ!」とひっついてる音がするので、減圧の状態は続いているようですが…。

キャップのペコペコが強力に減圧しているというわけではなく、この部分はあくまでも減圧した目安がわかりやすいということみたいですね。

それからペコペコしてるとこをお箸のように尖った物で傷つけたり、キャップを支えるパッキン部分がなくなったりすると、当然、圧がきかなくなってしまいますから、お手入れするときにはちょっとだけ気をつけたほうがいいかもしれません。

クックマジック

そんなわけで、どんな性能を持ったものか大体飲み込めたので、次はいよいよ調理に挑戦してみま~す。

【追記】08/11/18
減圧するとへこむので、ひと目で減圧状態がわかるというペコペコ部分、やはりこの部分は「減圧している状態を見るための目安機能」みたいですね。

クックマジック 冷凍庫から出したとこ

冷蔵庫だとへこんだ状態がすぐに消えてしまうのですが、冷凍庫だとへこんだままの状態が持続していました。写真は冷凍庫へ入れて2日後に取り出したところ。

気体は熱で体積が変化するそうだけど、その影響なのかな? 冷凍庫に入ってた分、容器の中も冷えてるから、同じだけ減圧していても冷蔵庫よりへこみが持続しているようです。

ショップサイトをチェック(セシール)⇒新着♪口コミ大集合!!

【関連記事】
クックマジックで数の子を漬けてみる【結果】 09/01/05
クックマジックで数の子を漬けてみる 08/12/31
クックマジックを動画で見る 08/11/20
クックマジックでブリの照り焼き 08/11/20
クックマジックでホカホカご飯 08/11/18
クックマジックでハムエッグ 08/11/11
クックマジックの構造を見てみる 08/11/04
クックマジック到着 レンジで温めに使ってみました! 08/10/31

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます