昼間のドイツクリスマスマーケット

ドイツ・クリスマス・マーケット2008です。リベンジするべく2回目に会場を訪れたのは、日が暮れる前でした。出かけたついでなので、携帯カメラで撮影です。

このイベント、土日は11時から、平日は12時からマーケットは開いてるんですよ。日が暮れるとカップルが多いけど(笑)明るいうちはちっちゃな子を連れたお母さんが多いかな。

夜は華やかなイルミネーションに彩られる巨大ツリーも昼間はこんな感じ。

昼の巨大クリスマスツリー

ちゃんとモミの木っぽく緑色をしているんですね。大きいから針金のようなものでできた電飾の塊みたいになっているのかと思ってました(汗)

メリーゴーラウンドも昼間だとずいぶん雰囲気が変わりますよ、こんな感じになります。けっこうカラフルな色をしています。

昼のメリーゴーラウンド

ともあれ目指すはグリューワインです。

そう、前回はココアを頼んだけれど、今回はグリューワインと決めているのです。友達からも、「ドイツクリスマスマーケットに行ったのに、グリューワイン飲まなかったの?」と言われちゃったので、グリューワインなのです(笑)

その前にカップのことを聞いてみなくては。ネットで見つけた、本場ドイツではカップを返せばお金を一部返してもらえるというあれです。

「すいませ~ん」

グリューワインを売っているヒュッテ

「ハ~イ」と出てきたのは、なんとドイツ人のおねえさん。あれれ? ココアのときは日本人スタッフの人だったんだけど。どどどど、どうしよう。私、ドイツ語、知らないし(滝汗)

でも、聞かねば。だってブログに書きたいから。

私 「あの、カップなんですけど、返却したら、その分のお金を返してもらえるんですか?」←単刀直入だな、おい

案の定、込み入った日本語はよくわからないようでしたけど、情熱があればなんとかなるものですね。日本語一本槍でも通じたみたいです。英語、日本語、そして情熱で、おねえさんは答えてくれました。

「それは、できません」と。

本場ドイツでは「カップを返却するとお金を返してもらえる」というシステムがあるけれど、日本とドイツは10000km離れてて、おねえさんたちはそこから来てるわけだから、同じことはできないんだそうです。

「でも、どんなカップでも、持ってきてくれたらドリンクのみよ」(たぶん、そんな感じ)

ということなので、OLの人なんかだと会社で使ってるマグカップを持っていけば600円でグリューワインが楽しめるというわけですね。

グリュー・ワイン

ちなみにグリューワインはこんな感じ。なみなみと注がれてますよ~。ココアに負けないくらい甘い甘いお味です。ちょっと濃い果実ジュースみたい。癖とかはないので、ククク~ッと飲めちゃいます。

でも、ワインですからね。あんまり勢いよく飲んじゃうと後が大変(汗)

家に帰ってから同じように注いでみたところ、これで大体200ccほど入っているようです。

お持ち帰り用マグカップ

というわけで、大阪のクリスマスマーケットでカップ付きの場合、飲み終わって「ごちそうさま」と声をかけると、こんなふうにお持ち帰り用のコップと交換してくれるということがわかりました♪

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます