グリコのポスター

ここからは商品展示場に関するメモ。まずは「日々歳々」でもたびたびお菓子が登場していることでご縁のある(笑)グリコネットショップさんです。

神社の境内をかけっこしていた子どもたちがモデルという万歳グリコのポスターもありましたよ♪

さてさて、グリコネットショップのブースで紹介されていたものは… もちろん へんてこ お菓子もあったのですが、今回の一押しはこれみたいです。

ヘスペリジン&コラーゲン

ヘスペリジン&コラーゲン。美容に関心のある人はもちろん、特に40歳を過ぎてハリや潤いが今までと違う… と感じている人にお勧めという清涼飲料水。

実は昨年末に下の写真のようにカプセル状になった「αGヘスペリジン」を見かけてなんとなく気になっていたんですけど、今回はさらにコラーゲン配合のドリンクが新登場したってことみたいですよ。

冷え性さん注目のヘスペリジン

ヘスペリジンというのは別名ビタミンPのことです。ポリフェノールの一種で特に熟す前の青いミカンにたくさん含まれている物質です。

ビタミンCと同時に発見され、古くから健康維持のために重要な物質と見られていたものの、ほとんど水に溶けない性質(水への溶解性は100mlの水に0.002g程度)から、それまではあまり積極的に利用されることはありませんでした。

Festa9

ヘスペリジンのカプセル

グリコは1990年ごろから糖転移技術を生かせる天然素材としてヘスペリジンに着目。1992年にはブドウ糖とヘスペリジンを結合させることに成功し、その結果、水への溶解性が10,000倍以上と向上。

このことにより、小腸などでの吸収がヘスペリジンに比べて約3倍も向上することになったんだとか(数値データは江崎グリコ健康科学研究所から)。

ちなみに、水に溶けやすくなったということで活用の道が広がったαGヘスペリジンにはこんな特性があるそうです。

・高い水溶性
・熱や酸に安定
・味質の改善
・みかん加工品の白濁防止
・色素の退色抑制
・フラボノイド類の可溶化
・血中でのビタミンCの安定化

こうしたαGヘスペリジンの研究途中、モニターから「肌の調子がいい」という声を受け、美容面も含めてさらに研究が進められてヘスペリジン&コラーゲンが登場したというわけです。

ちなみに、コラーゲンは本来独特の苦みがあるために飲みにくいものなんだそうで、この点はかなり研究したそうですよ。ブースの担当の方が教えてくれたんですけど、続けるにはおいしい味がいちばんってことで、いろんなメーカーの物を実際に飲み比べたりして味の追求をしたそうです。

αGヘスペリジンには「味質の改善」という性質があるようだから、こうした性質も一役買っているのかも。

試飲させてもらったところ、少しトロッとしたピーチマンゴー味がネクターみたいな感じがしておいしかったです♪

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly