さてさて、楽しかった盆梅展もお土産を買って帰りましょ♪

梅の木餅を買ってみました。ニュースで紹介されてるのを見てから「食べてみたいな~」とずっと思っていたので、るんるんです。

梅のきもち

表に大きくひらがなで「梅のきもち」と書いてありますよ。「梅の気持」とも「梅の木餅」とも読めておもしろいですね

梅のきもち1個

開けてみると、こんなお餅が入ってました。お餅の生地にポツポツと見えるのは、すりつぶした梅干しです。蒸したもち米に混ぜて、お餅につきあげるそうです。

このお餅、巫女さんが手作りされてるんですけど、大宰府の天満宮へ行って習ってきたそうですよ。そういえば、あちらでは梅ケ枝餅というのがあるんでしたっけ。梅ケ枝餅には梅は使われませんが、お餅の生地に梅干しを混ぜるのは大阪天満宮のアレンジのようです。

お値段は確かお持ち帰り3個入りで600円、5個入りで1,000円。

私みたいにお持ち帰りすることもできますが、お茶などとセットにして参集殿の敷地内でも食べることができます。出口近くに喫茶スペースを発見♪

盆梅展の喫茶スペース

この日は暖かかったので火は入っていませんでしたが、寒い日のために火鉢が用意されていました。雰囲気ありますね。

火鉢

このときは気がつかなかったんですけど、外で食べるスペースもあるみたい。時間があったら、ここで食べて帰るのもいいな~♪

梅のきもち あんこたっぷり

ちなみに、お餅の中はこんな感じ。あんこがたっぷり入っています。私はうっかりこのまま食べちゃったんだけど、ネットで調べたところ、両面を焼いて食べるものみたいですよ。

ら… 来年はちゃんと焼こう(汗)

梅ひらく 2種

それから、他にはこんな物を買ってみました。高砂堂の「梅ひらく」。
POPには「すはま」って書いてたような気がするんだけど… うろ覚え(汗)

梅ひらく 赤

私は赤いほうを食べてみました。落ち着いた甘さに、ちょっぴり酸味がきいてておいしかったです♪ 確か1,000円だったかな。

さらに欲張っちゃって、こんなうどんも買ってしまいました(汗)

すべらんうどん

境内の北側にある星合池のそばに星合茶寮というお茶屋さんがあって、そこでもこのうどんが食べれたんじゃなかったかな? うどんの端に切り込みが付いていて、この切り込みにお箸やフォークがひっかかるので、子どもやお年寄り、手や目が不自由な人でも食べやすいというユニバーサル・デザインのうどんです。

その名も、「すべらんうどん」。そのまんまですね(笑)
大阪天満宮、お土産もなかなかおもしろいです。

【関連記事】
> 盆梅展のお土産 09/03/18
境内の風景 09/03/18
大盆梅展の大型盆梅 09/03/18
てんま天神梅まつり 大盆梅展に行ってきた♪ 09/03/18

【参考サイト】
高砂堂

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly