ペーパードリップをセッティング

Amazon.co.jpのレビューで見かけたんですけど、コーヒーにこだわりを持つ人は仕事場にマイグッズをそろえてる方もいらっしゃるようです。

そういうのって憧れますが、管理人は残念ながら自分のスペースを持っていない環境なので、真似してコーヒー用のマイグッズを置いておくなんてことはできません。どうしようかな~。

場所がない仕事先でコーヒーを楽しむために ~ 粉にして持って行く

あれこれ悩んだのですが、とりあえず朝、ミルで多めに粉をひいて仕事先へ持って行くことにしました。

コーヒーの粉

…ただ、残念なことにその日はたまたま予定していた仕事が延期になってしまい、そのまま持ち帰ることに。

帰ってすぐに冷凍庫に入れてみましたが、翌朝それでコーヒーをいれると、なんとなく苦味がきつくなったような気がしました。やっぱり挽きたてのほうが飲みやすいんですね(涙)これはこれで牛乳を入れると、ぐっと味がひきたってなかなかおいしく飲めたのではありますが。

やはりいちばんいい方法は、豆の状態で保管してミルでひく、ということになるようです。

いっそのこと電動ミルを買って仕事先に持って行っちゃうか???

一瞬、そんなことを考えたのですが、でもですよ、いかんせん場所がありません。一生懸命聞き起こししてるそばで、ガーーーッ! なんて音をたててたら大ひんしゅくを買いそうです。私にはそんな勇気はありません(汗)

場所がない仕事先でコーヒーを楽しむために ~ コーヒーにして持って行く

水筒にコーヒーを詰めて

というわけで、次に試したのは水筒にコーヒーを詰めて持って行くことでした。でも、これも、なんというか…。

まず、重いです。コーヒーと水筒の重さがあるわけだから当然なんですが、荷物が重くなるのはちょっと辛い。さらには、せっかくの香りが飛んで普通のコーヒーになっているんです。

復活の「香り」がないんじゃ、せっかくの復活の時間が…(涙)

それよりなにより、いちばん感じたのは「物足りなさ」なのでした。家でコーヒーを飲んでるのと比べると、何かがさみしい。なんだろう?

そうです、粉をひく手順がないのがどうにもさみしいんです。ミルでガリガリする時間なんて、一見、手間で無駄なように見えるのですが、その時間がとても恋しく感じたのでした。ちょっと不思議。

こんな調子で、なんとか仕事先でもコーヒーを楽しもうといろいろと企んでみたのですが…。

粉のまま持って行くにしても、コーヒーにしてから持って行くにしても、どちらもあまりお勧めできない方法だということが判明したのでした。先日行われたサントリーのブロガーイベント「『復活の香り』を楽しもう!」の様子をMONO-PORTALさんから届いたイベントDVDで拝見したところ、どちらも重大な問題があるのです(汗)

コーヒー豆に手を加えると、何かと問題が出てくるコーヒーライフ

「コーヒーの芳香物質は不安定なもの」というのは管理人も知っていたのですが、なんと粉のほうが表面積が大きい分、そのスピードはより速くなるんだそうです。がーん。

基本1 せっかく豆で保管しているのなら、コーヒーをいれる直前に必要な量だけひくのがベター

やはりこれが基本みたいです。

しかもです。コーヒーの粉を持ち運ぶときに使ったビニール袋、これもいけないみたいです。なぜかというと、ビニール袋は酸素を通してしまうから。

保管という点では、アルミ素材を使った袋できっちり閉じることができるチャック式のものか、しっかり密封することができるキャニスターのような入れ物のほうがいいそうです。ががーん。

そして、コーヒーをいれて時間を置くと味が変わってしまうんだそうですね。分解して嫌な酸が出てくるとのことです。時間の経過とともに色が濁り、風味が落ちていくそうで、さらには温めなおすと酸味がきつくなり、香りも減少してしまうそうです。

基本2 コーヒーをおいしく飲むために、飲むときに、飲む量だけいれること

なんだか散々なことをしていたようですが(汗)結論。

仕事先でコーヒーを楽しむなら、粉を用意して冷凍庫に入れておく。持ち運びにはビニール袋不可。

となるようです。

場所がない仕事先でコーヒーを楽しむために ~ 場所がないなら道具を減らす

仕事先でコーヒーを楽しむために──さみしいけれど、コーヒーミルの手順は場所がないので仕方がないとして、それでもやはり「スペースがない」というのがネックなんですよね。

現在、管理人はペーパードリップ方式でコーヒーをいれています。そのときに使っている物は以下のとおり。

ドリッパー、ペーパーフィルター、お湯を注ぐポット(が、ないから急須)、コーヒーを飲むためのカップ、ドリッパーを一時置いておけるカップもしくはお皿、コーヒーを量るメジャースプーン

仕事先に置いておくとなると、これらをひとまとめにする箱かお盆が欲しくなってきます。
でも、置く場所ないしな~。仕事先で復活の時間を作るのは断念するしかないのかな~。

実は半分あきらめかけていたのですが、コーヒーセミナーで紹介されていたコーヒーのいれ方の1つに一筋の光を見つけました! それは、コーヒープレス。

このいれ方だと、ペーパーフィルターを使わないから、道具が少なくてすむんです。お湯も、給湯機から直接いれればなんとかなるかも。ということで、使うものはこんな感じになるでしょうか。

コーヒープレス、かき混ぜるスプーン、コーヒーを飲むためのカップ

これならなんとか仕事先でも置いておくことができるかも♪ ということで、テーマを実現するために必要な道具としてさらにコーヒープレスをお願いしてしまいました。

つづく!

【関連記事】
復活の香り」モニタープレゼント企画のお知らせ 09/04/13
香りで時間を作りだす 09/04/13
> 真昼のコーヒースタイル 09/04/09
道具にこだわるコーヒースタイル 09/04/09
朝イチコーヒーに挑戦 09/04/06
珈琲ライフ・スタート 09/03/18

【参考サイト】
サントリートピックス
速報レポ:「復活の香り」を楽しもう!ブロガーイベント開催しました 09/03/24

ただ今、「復活の香り」のある暮らしを10倍楽しむレビューに参加中!
1カ月間、6人のブロガーが、それぞれ自分で決めた挑戦テーマのもと、珈琲とそのライフスタイルをレビューしていきます。

特設サイト:RBN(レビューブロガーネットワーク)企画 『極上珈琲「復活の香り」のある暮らしを10倍楽しもう!レビュー企画』

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly