ホールドバゲットとコーヒー

2月11日は仁丹の日♪

森下仁丹の創業日でもあり、仁丹の創売日でもあることから2008年から始まった記念日ですが、この日は玉造にある森下仁丹で一日限りの歴史博物館が開催される日でもあります。

もう1つの注目、仁丹特製のスイーツに関しては「ちょっぴり大人の味、仁丹チョコ&マカロン」を見てもらうとして、この記事では歴史博物館に登場したHOLE’D BAGUETTE(ホールドバゲット)のことをレポートします。

HOLE’D BAGUETTEというのは、穴があいたバゲットの中にソーセージや野菜などの具材を詰め込んだホットドッグの1種です。このスタイルは日本ではあまり見かけませんけど、デンマーク発祥のフレンチドッグなんだそうですよ。

海外では人気のあるタイプのようで、片手で食べられる手軽さから、スポーツ観戦などで小腹がすいたときなどでよく利用されるみたいです。

バゲットはスティック型のフランスパンなのですが、よくある「かみきれない~」と苦労するようなのではなくて(笑)外側はパリッパリッとして、中はモチッとしています。

おいしい秘密はこれ。専用の加熱器で中から温めているんですね。

ホールドバゲットの専用加熱器

私が注文したのは、「あらびき・リーフ(280円)」。100%ポークの粗挽きソーセージにグリーンリーフが添えてあって、特製マヨネーズとバルサミコ酢のソースがかかっています。ケータリングカーのそばに並べられたテーブルでいただきました。

粗挽きソーセージが、すんごいジュ~シ~ですよ~~~♪

あらびき・リーフ

東京では2007年ごろから見かけるようですが、関西で登場したのは2008年になってから。森下仁丹の出資・運営でユニバーサル・シティウォーク大阪店(大阪府大阪市此花区島屋6-2-61-303 3FCITY GATE)がオープンしたのが最初です。

でも、大阪では現在もユニバーサル・シティウォーク大阪店に行かないと食べれません。東京には3カ所も店舗があるのに!

ちなみに東京のお店は以下のとおり。

汐留シティセンター店(東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター内1F)
アーバンドックららぽーと豊洲店(東京都江東区豊洲2-4-3 アーバンドックららぽーと豊洲店内1F)
味の素スタジアム店(東京都調布市西町376-3 味の素スタジアム内6号売店)

ケータリングカー

仁丹の歴史博物館って、展示あり、販売あり、プラスアルファの催しものありとけっこう盛りだくさんなので、こんなふうに座って軽食が食べられる今回のスタイルは疲れも少なくてよかったです。

ただ、1Fの駐車場だったので、風が吹き抜けて寒かったですけど…(汗)
今回は雨模様で気温もかなり低かったですもんね。次回はお天気がいいといいな。

【関連記事】
> ケータリングカーのHOLE’D BAGUETTEを楽しむ 10/02/19
ちょっぴり大人の味、仁丹チョコ&マカロン  10/02/17
仁丹歴史博物館2010 サミゾチカラコレクション 10/02/15

森下仁丹に関連する記事を一覧で見る⇒
(ビフィーナのレビューとか仁丹の闘う黒とかチャレンジしてます)
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます