紅小町

写真では、すでに誰かのおなかの中に入った後ですが(汗)
JR青森駅の近くにある「甘精堂本店」(かんせいどうほんてん)の紅小町です。

コロンとしたリンゴの形がかわいいですよね♪ このお菓子、津軽りんごをイメージしてつくられているのだそうです。

青森の津軽といえば、言わずと知れた日本一のリンゴの産地。でも、「つがる」という品種のリンゴもあるんですよ。ゴールデンデリシャスと紅玉の交配品種で、甘みがあり、果汁も多いリンゴなのですが、収穫前の落果が多いせいか近年では「ふじ」に押されて栽培量が少なくなってきているようです。

この紅小町の津軽はどっちの津軽なんだろう…。

紅小町

中の「あん」にはリンゴの果肉が入っています。食べるときにフワッと甘い香りがするんですけど、これはリンゴの香りなのかな?

割ってみると、こんな感じ。

紅小町

リンゴの軸が案外しっかり奥まで刺さってました(笑)

外側の生地は桃山で、中にたっぷり詰まっているのがリンゴの果肉が入った「あん」です。

桃山というのは、白あん・卵黄・寒梅粉・水あめを練ったものを型で成型して焼き上げたもの。そんなしっとりした生地に、リンゴ果肉の入った「あん」が優しい甘さでとてもよく合っています♪

そして、よく見ると箱にはリンゴの花が描かれていました。

紅小町

この花の色を見たところ、花弁にはほんのりと桃色が入っているんですね。ということは、やっぱり品種の「つがる」なのかなぁ。

日本一ともいわれる流通量の多い「ふじ」は黄色がかった白い花で、つぼみは薄いピンク色。一方の「つがる」は桃色がかった白い花で、つぼみは濃いピンク色をしているそうです。

【メモ】
店名:甘精堂本店
住所:青森県青森市新町1-13-21
営業時間:9:30~18:30
休業日:無休
リストマーク 楽天市場にも取り扱い店がありますよ


紅小町・20個入

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます