藁焼き かつおのたたき

ちょっと気になるキャンペーンがありました。仁丹堂の「高地県物産展」です。

昔はカツオのたたきというとワラの炎で焼き上げるものだったようですが、スーパーなどで売っているカツオのたたきは、大抵、バーナーの炎で焼いてるんだそうですね。

今ではワラそのものが手に入りにくいため、ワラの量を減らしてバーナーの炎で仕上げたり、段ボールで作った炎で焼いたりしているようです。

sumi父も、「わら焼きなら、うまいのは間違いないわ」。というので、早速注文。
「藁焼き鰹たたき」が我が家にやってきました♪

藁焼き かつおのたたき

上の写真のような状態で到着しましたよ。ふたの部分は、ぐるりとテープではってあります。

ポン酢

いろいろ詰まってますね、まずは、2袋ずつ入ったポン酢が2つ。

藁焼き かつおのたたき

かつおが、二さく♪ そして… 塩?

え~っと。「わら焼きのカツオだ♪」と喜ぶあまり、ホームページの説明をよく読んでいませんでした。このたたきセット、地元でしか味わえない味が楽しめるらしいです。

そのときに重要なのが、この塩なんだそうです。その食べ方は「塩たたき」。

このセットに入っていた「いごてつ」は、海水を原料にした完全天日干し塩なんだそうですよ。

土佐佐賀のいごっそう浜田哲男が作った完全天日干し塩。
佐賀で生まれ佐賀の海で育った男が愛情を込めて手作りしています。

「いごてつ」パッケージから

仁丹堂のサイトによると、この塩を軽く振ってから表面を軽くたたいて食べろと書いてあります。

「軽くたたく」ってどんな感じ??(とりあえず、手のひらでパンパンとやってみた)

ちょっとぶつ切りかな? とか思いつつ、新タマネギのスライスとともに、なんとかお皿に盛りつけてみましたよ~♪

藁焼き かつおのたたき

わが家の包丁は、あんまり切れませんよ~(涙)

せっかく釣ってきてくれたのに、こんな姿になっちゃって。土佐の漁師さん、ごめんなさい。

このあと、よくわからずに付いてきたポン酢をつけて食べたんですけど(汗)ほんとは、もう少ししっかりと塩を振って、他にはなにもつけずに食べるのが本来の「塩たたき」みたいです。

でも、おいしかった!!!!

臭みがないのはもちろんのこと、このカツオのたたき、もっちりした食感なんですね。塩をしたせいかカツオに甘味を感じたのにはびっくりです。

これくらい分厚く切ったほうが、モチモチ感が楽しめていいかも。←ほんとか?

藁焼き かつおたたき

皮の焼き目も、いい感じ。ワラで焼くと表面を瞬時に焼きあげることになるそうだけど、焼き目からもそれが伺えます。

以前、四国へ行ったときに、本場のカツオのたたきを食べたことがあるはずなんだけどな。こんなおいしいカツオのたたき、正直初めて食べました♪ sumi父も、「これは値打ちがあったな~」と珍しく大満足だったもよう。よかった、よかった。

藁焼き かつおのたたき

1セット5,250円なので、一瞬、「う~ん」と考えちゃいますが、機会があればこれはほんとお勧めです。

ただ、注意点が1つだけ。仁丹堂では注文から10日以降でお届け指定ができますけど、それはやはり通常の商品の場合みたいで、今回のような特別企画のときは「指定なし」で注文したほうがいいみたいです。

今回、うっかり適当に指定してしまったんですけど、仁丹堂さんから電話が掛かってきてしまいました。

指定日より遅れるかもしれないし、もしかすると水揚げの状態によってはずっと早まるかもしれないのだけど、それでも構わないか? という電話だったんですけど、こんなことは初めてです。

でも、それは仕方ないですよね。「追加注文? じゃ、ちょっくら裏の畑からもう少し、もいでくるわ」というわけにいきませんもんね(汗)

ちなみに、カツオのたたきのほかに「金色ジャム」も注文していたんですけど、これも「いつになるかわからない」ということだったのが、実際は指定していたよりずっと早く到着していました。

今回の企画に関しては、注文は余裕を持って、あとは大きな心で到着を待つ、というのがいいみたいです。

ショップサイト⇒森下仁丹 楽天市場支店

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます