青いトマト

うわ~、真っ青なトマトですね~。
sumiさん、どうしたの? お買い物で間違えた?

いえいえ、違います。青いトマトを買ったんです。
浅漬けの素に1時間ほど漬けるとおいしいんですよ♪

といっても、この青トマト、スーパーで買ったわけじゃありません。たまたま塚口を通りかかったところ、「さんさん誕生祭 塚口七夕まつり」なるものが開催されていたんです。

新しい携帯、F-06Bで適当に撮ったものだから、適当なサイズの写真になっちゃいました(汗)

塚口まつり

このお祭りはよく知らなかったけど、看板には「恒例」って書いてありますよ。もしかすると地元では有名なお祭りなのかもしれません… ってことでのぞいてみたら、最初の写真のような真っ青なトマトを見つけてしまったのです♪

このお祭りが開催されていた「塚口さんさんタウン」は7月7日にオープンしたそうで、それを記念して1990年(平成2年)から阪急塚口駅を挟んだ北側の商店街も含めて、毎年「七夕まつり」を開催しているそうです。

写真は撮り損ねちゃったけど、2Fデッキは吹流しや短冊で飾り付けられた竹飾りでいっぱいでしたよ。

「誕生祭」ということで、期間中は「お買い物券プレゼントキャンペーン」とか、「さんさん100円笑天祭」といったイベントがあったり、地元中学校の吹奏楽演奏やパレードなんかも行われているようです。

青いトマトを売っていたのは「さんさん誕生祭」の「うまいもん市」というイベント。朝来市、篠山市、丹波市、作用町、香美町、神戸市、秩父市、赤穂市といった地域から農産物を生産している人たちが集まってきているようです。

ちなみに青いトマトを売っていたのは、「丹波篠山あくあファーム」という生産者さん。試食させてもらった青トマトの浅漬けがおいしかったので、レシピをいただいて、帰ってから早速、浅漬けを作ってみました。

青いトマト

皮をむいた青トマトを半分に切って、1センチ幅にスライスするだけ。あとは市販の浅漬けの素(白だしなんかでもいいらしい)で1時間ほど漬けておけばOK。水気を切っていただきます。写真で、大体1個分くらいかな。

最近のトマトは果物みたいに甘くておいしいものが多いけど、管理人はこの青トマトの浅漬けみたいなほうが好きです。甘さほどほどで、トマト独特のいい香りがしっかり味わえるんですよ。

気になる栄養価ですが、青くてもビタミン類などは普通の赤トマトとほとんど同じくらい。グルタミン酸やGABA(γ-アミノ酪酸)が豊富で、赤トマトより多い場合もあるという研究結果もあるようです。

レシピにはほかに青トマトのジャムとか、青トマトの佃煮が紹介されているんですけど…。
残りも全部浅漬けで食べちゃったんですよね(汗)コープさんで取り扱ってくれないかな~。

【関連記事】
青トマトをネットで手に入れる方法 12/09/04
> 青トマトの浅漬けはけっこうおいしい♪ 10/07/13

【参考サイト】
丹波篠山のおいし~い野菜畑 RedBeans
塚口さんさんタウン

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly