UVカットソーパーカー

袖口に工夫がある、ベルメゾンのUVカットソーパーカー

2011年夏シーズンに登場している「UV対策カットソーパーカー」です。

綿とレーヨンの天竺素材にUVカット加工が施してあります。なので、がっちりガードというより、どちらかというと肌触りを重視したアイテムで、日差しの強い場所で使用するときは、やはり日焼けに注意する必要があるようです。

ただ、ベルメゾンらしく、袖も丈も長めにデザインされているところが特長ですよ。








このカットソーパーカーのポイントは袖口!

手の部分アップ

袖口は不思議な形をしています

こうして見ると、親指だけが袖から手袋のように出ていて、ちょっと不思議な形ですよね。でも、その分、手の動きを邪魔しないデザインと言えそうです。

このままでも、手の甲までカバーできるぐらい長さがあるのですが、二重になっている手の内側をカバーのようにかぶせると…。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

なんとミトンの手袋のようになって、指まですっぽり隠してしまいました。手の甲どころか、指さえもカバー(汗)

このパーカー1枚で上半身をカバーできるので、日焼け対策に手袋を持ち歩くのが煩わしいという人にぴったりですね。

カラー展開は、グレー×オフホワイト、オフホワイト、ブラックの3パターン。UVカットのことを考えれば、やはり色の濃いものを選ぶのがいいかもしれません。

サイズはS、M、L、LL、3L、4Lの6種類があります。

【関連記事】

当ブログでは、特集記事にベルメゾンのレディースファッションに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます