no image

エアコンは基本的に寒さに弱い機械なので、極端に寒いときの暖房としては利用しにくい機器と言えそうです。

対策としては、雪対策や凍結が問題になってきます。

冬は日よけより雪対策

ただ、上記に書いた話は夏の間のこと。冬になると一転します。というのも、夏の間は室内の熱を外へ排出していましたが、冬は外気から熱を取り込んで室内を暖めなくてはいけないためです。

つまり、室外機に日光が当たっていたほうが熱を取り込みやすくなるので、日よけは外した方がいいのです。

この他、雪が少ない地域の場合、吹き出し口に物を置かない程度の対策で十分みたいですが、雪が積もる地域は雪対策が必要になります。

室外機の吸い込み口が、雪で目詰まりを起こす恐れがあるためです。

目詰まりを起こすと運転効率が下がるだけでなく、室外機の内部に雪が吸い込まれてフィンに雪が付着すると、空気が通らなくなってしまいます。

こうなると、部屋を暖めるためにより多くの電気を使うことになってしまいます。無理をしすぎると故障の原因になることもあるようです。

冬のエアコンは雪対策が基本

少し大がかりになりますが、雪が降る前に室外機の高さをとって設置する方法があります。地面から離して設置することで、積雪から室外機を守るというわけですね。

そして、日差しを必要以上に遮ることなく、なおかつ雪を防ぐことができる程度の防雪フードを取り付けたり、雪を吸い込まないように防雪ネットを活用するのがおすすめです。

雪が積もる地域では、上記対策は既にとられていることと思いますが、雪が降らない地域で、急に積雪があった場合、室外機周囲に雪が積もって風の通りを塞いでしまわないように雪かきをする必要があります。

外気温が低くなるとエアコンの運転は要注意

基本的に室外の空気がマイナスになると、室外機が凍結するので、エアコンは正常に運転できなくなると考えたほうがよさそうです。

暖房運転のスイッチを入れても送風が止まってしまったり、冷たい風しか出てこなかったりすることがありますが、これはエアコンの自然な運転で、まず室外機を暖めて霜や凍結を除去する運転が始まるためです。

どうしても部屋をすぐに温める必要がある場合、室外機にお湯をかけて凍結を溶かすという方法があります。

ただし、内部に水が入ってしまうと故障の原因にもなるので、お湯をかける方向や量には十分注意する必要があります。

【関連記事】
> エアコンの節電 室外機の雪対策
エアコンの節電 室外機の日よけ

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly