らっきょう

最初に漬けたとき、なぜかやたらおいしく漬かったので、毎年密かにチャレンジしているラッキョウ漬です。でも、その後、失敗の連続(汗)最初の、あのおいしさはどうやって作ったんだっけ…。

というわけで、今年も懲りずにコープさんで土付きラッキョウを注文しました。

今回は芽先とひげ根の切り方に工夫してみましたよ。
というのも、今年の土付きラッキョウに付いてきたレシピにこんなことが書かれていたのです。

土付きらっきょうのひげ根と芽先を切り落とします。
ひげ根と芽先は切り過ぎないようにします。

《メモ》特に、ひげ根はぎりぎりのところで切り、芽先も浅く切ると、漬けむらがでにくくカリッと歯切れの良いらっきょうに漬かりやすくなります。

逆に、深く切り取ると、らっきょう酢が浸み込みやすくなり、早く漬かるので、早期に食べる浅漬けやサラダ感覚で食べるのに適します。

毎年、どうも濃い~味で、やたらまずかったのは、もしや漬かり過ぎてたのではあるまいか。

だってほら、芽先とひげ根切りって単純作業なのですよ。10個もやってると飽きてくるんですよ。手は臭いし、ラッキョウから出てくる液でなんかカピカピしてくるし、で、だんだん面倒くさくなってザコザコ切り始めて… つまり、深く切ってたわけですね。

最初にチャレンジしたときは多少飽きても慎重に切ってるから(しかもケチんぼだから)浅く切ってたんですよ、きっと。ふむう~。

で、浅めに浅めにと切ってみたのが上の写真。根切りと芽切りを済ませて、砂や薄皮を取り除きながら水洗いしたところです。この後、10秒ほど熱湯に漬けて冷ましますよ。

そして今回、漬け酢にはこちらの秘密兵器を使ってみることにしました!

トキワの「べんりで酢」♪

べんりで酢

千枚漬を作りたいと思って買ったものの、そのまま放置してたらsumi父が醤油と間違えて開けてくれました。早く使わなきゃ(涙)

このお酢、コープさん以外では楽天市場でも取り扱っているお店があるみたいだけど、他の商品とセット販売で単品での取り扱いはないみたいです。単品で買うならコープさんってことみたいですね。

すし酢にもなるし、かぶらの千枚漬けもできるし、大根の甘酢漬けもできるし、トマトの甘酢漬けもできるし、キューリの甘酢漬けもできる便利な一品なのですが、なぜかラッキョウの文字が書かれていないんですよね。ラベルの説明には。同じ甘酢漬けなのに。書くスペースがなかったのかな(やや不安・汗)

ともあれ、べんりで酢、全量をラッキョウ漬けに使ってみました。

ラッキョウのリーフレットによると、「洗いらっきょう1kgに対して0.5リットル以上の割合で」というところを、べんりで酢1本1Lを使ったので余裕でしたよ。うん、贅沢だな。

ラッキョウが浮いてるのに気がつかずに、「漬からないな~」とトポトポ入れてたら、全部、入っちゃってました。いいんです。ラッキョウが空気に触れると、カビが出たりしますもんね。それでも浮いてるんだけど、これはときどき瓶を振って対処してみることにします(汗)

【追記】
トキワのホームページに書いてありました! トキワからは専用のらっきょう酢も出てるけど、べんりで酢でもラッキョウ漬けができるみたいです♪

トキワのらっきょう酢、またはべんりで酢を使うと塩漬けの必要がなく、1年中カリカリと歯切れよく漬かります。

…だって。大正解じゃないですか~♪
(専用製品が出てるからラベルに書いてなかったのかな・汗)

しかも、ラッキョウの浮いちゃう対策も出てました。「らっきょうが浮いてこないように液の上にラップをしてふたを閉めます」だって。

トキワのサイトに例示されてる写真は瓶の口いっぱいのとこに、ラッキョウがきてるけど、うちは大きいガラス瓶を使ったので、ラッキョウは底の方にあるんですよね。やっぱ、瓶を振るか…。

ただ、気になる情報も…。

茎の部分は残しすぎるとすじっぽくなりますので深めに切り落とします。根の部分は浅めに(ぎりぎりで)切り落とします。(深く切ると洗っている間に皮がむけて小さくなります。)

芽先って、残しすぎると筋っぽくなっちゃうの?
じゃあ、もう少し切ったほうがよかった… かも。
来年、頑張ります(汗)

【参考】

コープこうべ公式サイト
管理人も利用しているコープさん。生鮮食品や日用品、本、CD、ペット用品と取り扱い商品も多く、玄関先まで届けてくれます。コープこうべは兵庫県全域、大阪北地区、京都府京丹後市などがエリアです。

おうちCO-OP(おうちコープ)公式サイト
神奈川・静岡・山梨県地域で利用するなら、ユーコープが運営しているおうちコープがおすすめ。コープこうべと同じく、小さな子どもやお年寄り世帯、障害者のいる家庭を対象に、「ママ割」や「ほほえみ割」といった宅配サービス料が割引になる制度もあります。

その他、日本全国にいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページもあるので、参考にしてみてくださいね。


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます