アルコペディコ

ソールカウンターのアルコペディコの靴

「アルコペディコ」の靴を、もう1足ご紹介。リラックスライン&L’ラインの「L’ライン L1(バレリーナ)」です。上の写真でいうと、手前の2足がそう。左のベージュは新色ですよ♪

靴全体で見るとペタンとした印象がありますが、約3.0センチのヒール高があります。幅が少しゆったりしていて履き込み口のゴムを絞って調節するので、甲高の人にも対応することができます。

足にフィットするしなやかさが魅力

一見、本革のような高級感がありますが、使われているのは「ライテック」という特殊素材。ポリエステルとポリウレタンの混合素材で、伸縮性に優れています。だから履く人の足の形に合わせて無理なくフィットしてくれるんですね。外反母趾など、足に悩みを持つ人にもおすすめですよ。

しかも靴底は特殊ポリウレタンなので、半分に折り曲げてしまっても割れません。足の動きにフィットしてくれるしなやかさが特徴です。

そうそう、靴底といえば、バレリーナには靴底にも大きな特徴があるんですよ。足裏の土踏まずの部分に2本の柱が作られています。このラインが足裏をしっかりと支えてくれて、体重を足裏全体に分散させてくれるのです。

長時間歩いても疲れにくい秘密は、この2本のラインにあるんですね。

バレリーナ

バレリーナタイプの靴を上下に重ねたところ

片足が約130gと軽量なので、携帯性は抜群。重ねると写真のようにコンパクトになります。旅行はもちろん、オフィス履きやドライビングシューズにもおすすめですよ。

バレリーナタイプなので、スタイルやシーンを選ばないところもうれしいポイントです。

※アルコペディコの「L’ライン L1(バレリーナ)」の販売は終了してしまったようです。でも、バレリーナタイプでも他に7種類も取り扱いがあるので、気になる人はショップサイトを覗いてみてくださいね。

QVCの放送でミスキョウコをもっと楽しむためのリンク集ページ作りました。よかったらこちらも覗いてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます