ミス・アリーヴォ

ミス・アリーヴォを体験させていただく機会がありました

大阪で開催された交流会で、5月に発売されたばかりの「DUVOTA(ドゥボータ)」のMiss.Arrivo(ミス・アリーヴォ)を体験させていただきました♪

この記事では、その体験レポを簡単にまとめてみます。

けっこう軽くて持ちやすい

持った感じはとても軽く、自然な曲線をした細長い形をしているので持ちやすいです。使用方法には、「4素子すべてをお肌に密着させ、途中で止めずにゆっくりと動かす」という注意ポイントがあるのですが、そうした動作もヘッドがコンパクトなので全然苦になりません。

ミス・アリーヴォ 単子部分

シンプルなつくりです

LEDが発光しているので顔をケアするときは光が目に入らないように閉じることになりますが、10秒すると「ピッ」とタイマー音が鳴り、10分で自動終了する安全機能が搭載されているので、何も考えずに気持ちよく目を閉じてクルクルできると思います。

使用感は、ちょっぴり電気的な刺激あり

ミス・アリーヴォ 使用時

スイッチを入れると、けっこうすごい光を放ちます

使用感としては、ピリピリとした電気的な刺激を感じます。

他の方はレベル1か2くらいで、「ピリピリした感じがある」と言われていたのですが、そのレベルでは管理人は特に何も感じることがなく(汗)最大のレベル4で、パリッパリッとした電気的な刺激のようなものを感じることができました。

アリーヴォ・使用時

刺激を感じるけれど、痛いわけではありません

…FINEFORMのピュアビタミンCのときも、お風呂上がりで2日目にしてやっとじんわりとあたたかさを感じたという 鈍感 もとい、冷え性体質のせいなんでしょうか(汗)

でもね、SOIEで脱毛するほうがプチプチとよっぽど痛いですよ? たぶん、体験したのがあまり刺激を感じない手の甲だったことと、日ごろ脱毛器で刺激に慣れてたことが原因だったんじゃないかなと思います。

でも、この刺激、最初は驚くかもしれないけど、慣れちゃうとちょっとクセになるかもしれません。マッサージ機なんかとはまた違う、皮膚の表面で感じるちょっと変わった刺激です。

なお、使用の際にはネックレスや指輪など、貴金属は外してから使用したほうがいいそうです。万一、ネックレスなどに当たった場合、電気が走る恐れがあるそうです。

使用する美容液は吟味するのがおすすめ

美容液を使っているところ

美容液を選ばない機種だけど、吟味するのがおすすめ

体験時に感じた電気刺激は、やはりエレクトロポレーション(電気穿孔法)ならではなんでしょうね。そうそう、言い忘れていましたが、ミス・アリーヴォを使用する前にはエッセンス(美容液)を塗布します。

エッセンスが乾いた状態でトリートメントを続けると、お肌に赤みが生じる場合もあるそうなので、この点は要注意。

ソノフォレーシス(超音波導入法)やイオントフォレーシス(イオン導入法)と違って、エレクトロポレーションでは使用する美容液に制限はありませんが、なるべく乳化剤や防腐剤を含まない高純度のものがおすすめされるようです。

ちなみにDUVOTAでは、馬プラセンタが配合された高機能EGF美容液『DEEP EFFECT ESSENCE』(ディープエフェクトエッセンス)を取り扱っています。

DUVOTAの美容液

DUVOTAで取り扱っているのは、馬プラセンタが配合された高機能EGF美容液『DEEP EFFECT ESSENCE』

手の甲体験でも、この高機能美容液を使用させていただいたんですけど、特に臭いもなく、スルスルとした感覚で気持ちいい美容液でした。やっぱり、エレクトロポレーションで使う場合は、こういうクセのないほうが使い勝手がいいのかもしれませんね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly