京樽 ちらし寿司

今年の敬老の日は9月17日でした。
お天気がいまいちだったけど、我が家はお手軽お寿司にしてみましたよ♪

いつものごとく、コープさんで注文(笑)
お値段が少々お高めだったんだけど、そこは敬老の日ということで、ちょっぴり奮発してみました。

中身はこんな感じ。2~3時間ほどかけて冷蔵庫で解凍した状態です。
けっこういろんな具材がそろってますね。

京鱒のちらし寿司 解凍したとこ

左の四隅は左上から「おぼろ」、グリーンピース、紅生姜、はす。真ん中の大きなスペースがひじきの煮物、右の四隅は左上から鶏そぼろ、かんぴょう、高野豆腐、椎茸。あと、下の段は左から海老、錦糸玉子、油揚と入っていて、いちばん右隅は合せ酢、海苔、白ゴマがひとまとめになっています。なかなか豪華。

この「おぼろ」って、昔、「桜でんぶ」って言ってたのと同じかな。見た目はちょっと地味だけど、ゆでた白身の魚を布巾にとって、流水でもみ洗いしたものをすり鉢ですって、鍋で調味してから煎り上げるという、かなり手間のかかる食材ですよね。何年振りだろう、久しぶりに見ました(汗)

しかも錦糸玉子まで入ってるなんて、ちょっと感動。ほんとにこれ、混ぜるだけでOKです。

ちらし寿司 完成

ということで混ぜてみました。わーい、本格的~♪(盛り付けのセンスはこっちへ置く)
よく見ると、桜でんぶが目立ってなかったですね、もっとのっければよかった…。

手軽にできちゃうのも感動だけど、どの具材も適度にしっとりしてておいしかったですよ。海老も臭みもなくプリッとしてて、味付けも甘すぎることなくsumi家好み。

甲殻類や貝類はお腹を壊すことが多いからと敬遠してるsumi父も、この海老は一切れ食べてたので、気に入ったんじゃないでしょうか(笑)

というわけで、コープこうべの管理画面でもお気に入り登録しちゃいました。
お取り寄せおせちでも毎年感じることだけど、最近の冷凍技術ってほんとに発達してますよね。

【参考】冷凍 京樽 ちらしずしのタネ 230g
このときのお値段 880円也
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます