中之島バラ園 バラの広場

やっぱ、会場は「バラ園」なんだから、バラの話題もないとね、ということで秋バラです♪ 中之島公園のバラ園にはこれまでも何回か来たことがあるのですが、過去記事を見てみたところ、秋シーズンは今回が初めての訪問でした。

そうだったっけ~。バラの時季はいつもあっという間ですもんね。
水都大阪フェスみたいなイベントがあると忘れることがないから、ちょっといいかも(汗)

川面がキラキラ 水辺のバラ園

中之島バラ園は川にすごく近いのも魅力のひとつ。フェンスに仕立ててあるつる性の株はちょうど川面も写り込むので、お天気のいいこんな日はちょっといい感じ。

写真は上から、シューヴィッチェン、ふれ太鼓、ブルー バユー、ファブリット。どれもバラの小路に咲いているので、キラキラの川面と一緒に楽しめますよ♪

シューヴィッチェン

ふれ太鼓

ブルー バユー

ファブリット

バラを鑑賞するのがメインなら、イベントが繰り広げられている「バラの庭」よりもやはり「バラの広場」のほうがゆったりと見て回れます。

写真は、はなぞの橋の端から難波橋方面へカメラを向けたとこ。

こうしてみるとすいてるように見えるけど、これまでの記事でわかるように、この背後がすごいことになっているわけです(笑)

バラの広場 難波橋方面を臨む

ただし、日陰は両サイドのビル陰だけが頼りなので、広場の中央は日傘・帽子が必須。秋なのに(汗)

この異常な高温にバラも少々暑そうです。日差しが透けているのは「しのぶれど」。

しのぶれど

赤いバラは一層、深い赤に見えますね。けっこう元気に咲いているイングリッド バーグマン。

イングリッド バーグマン

そして、これは入り口すぐのとこに咲いてるマリリン モンローです。名前のせいか、ちょっと肉感っぽく感じます。色のせいもあるのかな。

マリリン モンロー

それから、こんなふうに写真を撮っていると、蜜蜂がよく入ってくるのも最近の傾向と言えます。この蜂たち、もしかして梅田の蜜蜂なんでしょうか?

梅田ミツバチプロジェクトのリーフレットによると、蜜蜂は約3kmの範囲から蜜を集めてくるんだそうです。

ブルー バユーと蜜蜂

【関連記事】
動画で楽しむ 水都大阪フェア2012 12/11/02
> 水都大阪フェア2012で楽しむ 中之島バラ園の秋バラ 12/10/26
バラ園でやってる収穫祭 7(会場の様子はこんな感じ) 12/10/24
バラ園でやってる収穫祭 6(いろんなラバー・ダックを探せ) 12/10/23
バラ園でやってる収穫祭 5(四十七人のオバチャーン) 12/10/20
バラ園でやってる収穫祭 4(ラバー・ダック撮影ポイントを探せ) 12/10/20
バラ園でやってる収穫祭 3(巨大こけし花子さん) 12/10/20
バラ園でやってる収穫祭 2(梅田産はちみつ、お目見え) 12/10/20
バラ園でやってる収穫祭 1(水都大阪フェス2012へ行ってきた) 12/10/20

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly