白ワインとザクロのカクテル

酸味が少しあっておいしかったのでメモ♪ いつものお初天神のバーで出してくれた、白ワインとザクロのカクテルです。(カクテル名はちょっとうろ覚え)

ザクロって、もっとちっちゃなプチプチしたものかと思ってたんだけど、海外のものは日本より種衣がずっと大きいんですね。グラスの底の方に沈んでいるのがザクロの実です。

これ、マスターが一つ一つ、丁寧に手作業でほぐして作るんですよ。大変です(汗)

ザクロの実

飲んだ後、ちょっと失礼してスプーンの上に出してみました。こんな大きなザクロ実は初めて見るんですけど、真っ赤な色をして透けてるんですね。まるで宝石のよう…

ってことで、ちょこっと調べてみたところ、まさに宝石でしたよ。1月の誕生石のガーネットは、ザクロが語源になっているようです。ガーネットの結晶は丸い結晶が集まった形で産出することが多いため、そんな名前が付けられたのだとか。

もとになった言葉はラテン語の granatum で、これは「種がたくさんある」ことを表すようです。 Punica granatum でザクロを意味するみたいですよ。

種子がたくさんあることからザクロは古くから豊穣や子孫繁栄のシンボルとして大切な果実だったようで、ギリシャ神話ではオリンポス12神の1人、ヘラの聖木とされています。

ヘラは結婚と母性と貞節を司る神様ですから、豊穣を表すザクロとイメージが結びつくのも自然な流れだったのかもしれません。

というわけで、このカクテルは女神のカクテルと勝手に命名(笑)
次回行くときも飲めるといいな~♪

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly