別記事でまとめていますが、12月11日20:40~12月12日11:05にさくらのレンタルサーバで障害が発生していました。

データベース(mysql403.db.sakura.ne.jp)の範囲に影響が出たため、当サイトでは「データベース接続確立エラー」が発生。サイトを見ることができない状態になってしまいました。

その間、4時間25分。サイトによってはデータが消失してしまうという事態に至ってしまったようですが、当サイトでは無事に回復することができました。

やれやれ、ひと安心。と、思っていたら…。

確かに、なんか変だった

変と言っても、サイトの具合がどうこうというのではなく、Googleさんの様子が変なんです。

それまでは、記事を書いてアップすると、Googleさんに限らず、どこかのボットがすぐに様子を見に来ていました。それが、ぱったりと来なくなったんですね。

いつも来てた人が来なくなるのって、なんか寂しい~。←人じゃありません
あ、もしかしてアクセス解析が壊れちゃった?

いえいえ、アクセス解析は誰かが見に来るとちゃんとカウントしているし、msnbotとかtrendmicro.comとか、時々思い出したようにやってくるボットもちゃんとカウントしてるようです。ただ、アップしたばかりの記事を見にやってくるボットが1つもないんです。

なんだろう。なんか変。

わからないまま放置していたら、14日9:00にGoogleさんからメールが送られてきました。件名は、「[ウェブマスター ツール]メッセージの概要」となっています。

Googleからのメール 「クロールを延期しました」???

ウェブマスター ツールから、お使いのアカウント内のサイトに関して以下の重要なメッセージを受信しました。サイトを問題のない状態に保つため、これらのメッセージを定期的に確認して重大な問題すべてに対処することをおすすめします。

http://hibisaisai.com/uno-ari/: Googlebot がサイトにアクセスできません

Googlebot が robots.txt へのアクセスを試みましたが、過去 24 時間で 4 件のエラーが発生しました。このファイルに指定されているページをクロールしないようにするため、クロールを延期しました。このサイト全体での robots.txt エラー率は 44.4% です。

これらのエラーの詳細はウェブマスター ツールで確認できます。

robots.txtなんて、うち、そんなもの設置してませんよ?

robots.txtというのは、検索エンジンに見てほしくないサイトやページに対して設定するもので、必要ない場合は特に設置しなくてもいいものじゃありませんでしたっけ。

問題はrobots.txtがあるかないかではなく、アクセスできるかできないか、らしい

どういうことなのかよくわからなかったのでネットを探していたところ、「Gogle プロダクトフォーラム」で「『robots.txt』にアクセスできません」との表示が多数でました。」という投稿を発見。なんか、うちと似てますよ?

この投稿者の場合、大量のスパムを生み出す特定ユーザーがいたので、一時的にアクセスを制限する措置をサーバ管理会社が取ったために、投稿者さんのサイトがそれに巻きこまれてしまった(という解釈でいいのかな・汗)ということみたいです。

ということは、うちの場合も、サーバ側で起こった問題が原因で、robots.txtがあるべき場所にクローラーがたどり着けない状態になったので、ファイルがあるのかないのか判別できなくてエラーになったってことですよね。

そんな予想を立ててウェブマスターツールにアクセス。
「メッセージ」の中に、「アクセスできません」というメッセージが2つあるのを見つけました。

http://hibisaisai.com/uno-ari/:Googlebotがサイトにアクセスできません 2012/12/11
http://hibisaisai.com/petit_/:Googlebotがサイトにアクセスできません 2012/12/11

メッセージの日付を見ると明白ですよね。12月11日というと、ちょうどサーバでトラブルが起こった日です。

たまたまサイトが見れない状態になったときに、「鵜の目蟻の目」と、移転した後の「旧・お礼と感謝のギフトナビ」にGoogleボットが来訪していたみたいです。で、「何? このサイト、何にもないじゃない。しかも最近、全然更新してないみたいだし!」ということで、「クローラーの延期」という措置が取られたもよう。

しかもそれは「hibisaisai.com」全部に影響しているようで、この「日々歳々」で記事更新をしてもGooglebotが来なくなってるみたい… です。

えー、何それ。災難(涙)

せっかく記事を書いたのに、検索エンジンにインデックスされるのが遅くなるのはあまりに切ないので、届いたメッセージの最後のほうに書かれていた対処法を試してみることにしました。

最初に届いたメッセージに書いてあった方法で対処してみる

最初に届いたメッセージをよく見ると、対処法が書かれていました。それによると、うちの場合は「サイトエラー率が100%未満の場合になるようです。

サイトのエラー率が 100% 未満の場合:

・ウェブマスター ツールを使用して、エラー率が高い日のウェブ サーバーのログを確認します。その日のログにある robots.txt へのアクセスのエラーを探し、そのエラーの原因を解決します。

・考えられる原因として最も可能性が高いのは、サイトへの負荷が高すぎることです。ホスティング プロバイダに連絡して、ウェブ サーバーを再設定するか、ウェブサイトに割り当てるリソースを追加することを相談します。

・サイトから別のホスト名にリダイレクトしている場合、その他の原因としてサイトの URL からのリダイレクト先であるホスト名からの robots.txt ファイルの提供で上記のいずれか 1 つまたは複数の問題が発生していることも考えられます。

問題が解決したと判断された後、Fetch as Google を使用して http://hibisaisai.com/uno-ari/robots.txt を取得し、Googlebot がサイトに正常にアクセスできることを確認してください。

詳しくはヘルプセンターをご覧ください。

問題そのものは12日の復旧で解決されてるはずなので(汗)、「ウェブマスターツール」の「健全性」から「Fetch as Google」をクリック。

Fetch as Google
残りの取得数:○○○   残りのURLとリンクページ:○○○
http://hibisaisai.com/uno-ari/【空欄】 [ウェブ] [取得]

URL http://hibisaisai.com/uno-ari/ Googlebotの種類 ウェブ 取得ステータス 【なんて書いてたか忘れた】 取得日 【なんて書いてたか忘れた】

という感じで表示されていて、「空欄」のあるURLの下の所に「ホームページを取得するには、URLを空欄のままにします。リクエストの処理には数分かかることがあります。」と書かれていたので、「取得」ボタンをそのままクリック。

一番下の一覧表にあるURLとか取得ステータスとか書いてある所にボタンが現れたのでクリック(そのボタンにはなんて書いてあったか忘れた・汗)←ボタンを見つけるととりあえずクリックしてみるやつ

そうすると、「取得ステータス」が「成功しました」に変わり、「インデックスに送信された取得日」が「2012/12/13 16:41」と表示されたのでした。

画面の上には「リクエストが受信されました。まもなく処理されます。」というメッセージが出ています。

これでいいのかな?(汗)

この処理をしたのは「鵜の目蟻の目」内の「Fetch as Google」だったのですが、同じくエラーメッセージが出ていた「旧・お礼と感謝のギフトナビ」の「Fetch as Google」でも取得ステータスが「成功しました」に変っていたので大丈夫そうです。

アクセスがいつもよりなんとな~く減ってる気がするんですが(汗)とりあえずこれで様子を見ようと思います。

【関連記事】
> さくらのサーバ障害、余波 12/12/15
さくらのレンタルサーバで障害が発生していたようです(12/11~12/12) 12/12/12

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly