GITAの組み合わせ例

GITAの服

GITA(ジータ)というのは、通園や通学に便利な工夫が詰まっているところが魅力&特長のベルメゾンのオリジナル子ども服ブランドです。

それは、ユーザーの「ここがよかった」「ここがちょっと困った」といった声をヒントにしているから。他にはない、ちょっと便利なアイテムがそろっているんですよ。

50cm~100cmまでそろっているので、通園から小学校まで活躍してくれます。

ジータブランドは3パーターン

「GITA」は、「元気」「いっぱい」「楽しく」「遊ぼう」の頭文字からできていて、イタリア語では「ピクニック」や「小さな旅行」のことを意味します。

対象とする年齢は3歳から小学生くらい。お母さんが何かと手伝わなくちゃいけないので手のかかる年代といえますが、「子どもとママに優しい服」がGITAブランドのコンセプト。

お母さんの負担が少しでも軽くなるような工夫があったり、子どもが自分でできるようにちょっとした工夫が施されているのが特長です。

例えばクリップゴムベルトは、ベルト通しに挟んでパチンと留めるだけ。始めてのベルトにぴったりです。

クリップゴムベルト

GITAのクリップゴムベルトは両サイドで固定する感じ

ベルトを付けたままボトムを脱ぎ着することができるので、バックルだと不慣れな子どもでも一人でトイレへ行くことができるんですよ。

カラーも男の子用だけでなく、女の子も使えるデザインがあるので、つい大きめサイズを買ってしまう子ども服には必須のアイテムです。

この他、GITAには大きく3種類のコンセプトがあって、それぞれ特徴のあるデザインになっています。

ジータベーシック (GITA basic)

GITAの基本形、ジータベーシックのアイテムは100以上。カラフルでかわいいデザインがそろっています。

カラー展開も豊富で、男の子用、女の子用の他、ユニセックスで使えるものもあります。サイズ展開が豊富なものは、兄弟でそろえることも可能です。

ジータベーシック フォー オール (GITA basic for all)

無地を中心に、おしゃれを意識した応用のきくアイテムがそろっています。機能性を重視する人にもぴったり。

ジータベーシック フォー スクール (GITA basic for school)

文字どおり、通学・通園向けアイテムです。吸汗速乾性といった機能性に優れたものや、汚れが目立たない靴下など、お母さんにもうれしいデザインがあります。

ちょっと長くなっちゃうので、注目の商品に関しては別記事で紹介していきますね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます