くまモンパッケージと通常バージョン

熊本の農産物販売を応援するために、西へ東へ神出鬼没のくまモン。一般の人が投稿するYou tubeやブログにも取り上げられることも多くて、すごい人気ですよね。そんなくまモンがとうとう我が家にもやってきましたよ!

といっても、牛乳のパッケージですけど(笑)

上の写真の左にあるのが、前の週まで届いていた通常バージョンの「フードプラン熊本阿蘇すこやか牛乳」、右のが次の週にやって来たくまモンバージョンです。

いつもはこうして牛さんがいた所に…。

通常のパッケージ

集乳缶らしきものを抱えた、くまモンが。

くまモンパッケージ

いつもなら裏面のここにも牛さんがいたんだけど、現在はくまモンが完全にジャックしています(笑)

裏面

紙パックリサイクルを説明している面にも、くまモンがいますよ。

しかも、両手をあげて何かアピールしています。
なになに? 「熊本県産の牛乳はおいしいモン。」だ、そうです(笑)

リサイクル解説面

さすがにバーコードの面と底面にはいませんでしたけど(←しっかりひっくり返してみた)、パックの上面部分にはいましたよ。くまモン、意外と身軽。

上面

牛乳パックの下部にはぐるりとミシン目がデザインされていますが、これはキリトリ線となっていて、描かれているとおりに切り取っていくと、くまモンの小物入れができあがるようです。あら、すてき(笑)

両手をあげてアピールする、くまモン

コープこうべのページには、このくまモンのデザインに関する説明は特にありませんでしたが、パッケージの隅には「期間限定パッケージ くまもとサプライズPRキャラクター『くまモン』 (C)2010熊本県くまモン#4742」と書かれていました。

この週限りのサプライズなのか、はたまた次の週も同じようなものがやって来るのかわかりませんが…。

ともあれ、これまで「九州の牛乳」程度にしか覚えていなかった管理人が、バッチリ「この牛乳は熊本産」と刷り込まれたので、「熊本県産の牛乳」というPRはしっかりできたんじゃないかと思います。

我が家の牛乳は熊本県産だったんだモン。

くまモンの小物を入れを作るかどうかは、飲みほしてから考えてみようと思います(笑)

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます