チューリップの芽

チューリップの芽

チューリップの芽が出てました。

JR尼崎駅の北側、東寄りのマンションの前の遊歩道が、この時期はチューリップの花壇になるのですが、今年も順調に芽が出ているようです。

ここって、ずいぶん前からチューリップが咲いてるよねということで調べたところ、「花のまちあまがさきチューリップ運動推進会議」が中心となって行っている活動みたいですよ。

チューリップ花壇

JR駅北側のチューリップ花壇

尼崎を花の咲き誇る街にしようと平成11年度から始まった「チューリップ運動」というもののようです。けっこう歴史があるようです。

昨年11月は「チューリップを植栽し春を彩ることにより、気仙沼市民の心を元気づけることで、同市の復興に向けての取り組みに寄与するとともに、尼崎市の明るくさわやかなイメージを広く内外に発信する」ということで、気仙沼の「花のみち45」にもチューリップを植栽してきたもよう。

遠く北の大地にまで進出してるんですね。すごいな。

11月11日、兵庫県尼崎緑化公園協会などで作る「花のまちあまがさきチューリップ運動推進会議」から、約2万個のチューリップの球根を寄贈していだきました。

(中略)

国道45号沿いの花壇50メートルにわたって約1万個のチューリップが植えられました。また、残りの球根は仮設住宅などに配られています。

気仙沼市公式Webサイト 「気仙沼に元気を!」尼崎からチューリップの球根の贈り物

こうした花壇づくりに関わっているのは尼崎花のまち委員会の約800人の「花の世話役」と呼ばれる人々で、チューリップ運動に参加しているのは市民・事業者が中心ということなので、けっこう大規模な活動みたいなんだけど… そのチューリップがどこに植えられているのかよくわかんないのはどうしたことだろう(汗)一覧表とかないのかな。

ざっと調べてみたところでは、JR尼崎駅、阪神尼崎駅、武庫川河川敷といった場所があるようです。

【関連記事】
尼崎のチューリップ(アルカイック広場) 13/03/07
尼崎のチューリップ(阪神尼崎駅そば) 13/03/04
> 尼崎のチューリップ(JR尼崎駅そば) 13/02/21

【参考サイト】
花のまちあまがさきチューリップ運動
あなたの”花と緑のサポート室”財団法人 尼崎緑化協会

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly