ワルー アクセント メン

2013年春夏新作、ワルー アクセント メン

クロックスのメンズスニーカーで人気のものといえば、スリッポンタイプのフラットシューズの「ワルー」があります。

どんな服装にも合わせやすく、インソールとミッドソールにはクロスライト素材が使われているので、軽くて足が疲れにくいのが大きな特長です。

この2月に発売されたばかりの「ワルー アクセント メン」(walu accent men)は、そんなワルーコレクションの新作で、ちょっとおしゃれに進化しているみたいですよ。

クロックスから画像をお借りすることができたので、新ワルー初代ワルーを比較してご紹介します。

新旧比較・どこが変わったの?

新旧、ワルー 比較

新旧、シルエットはほぼ同じ

こうしてみると、シルエットに大きな変化はないみたいですね。旧ワルーはスリッポンのゴムの部分がちょっと目立っています。

新ワルーのほうは、配色がまとまっているので、すっきりとした印象。スリッポンにありがちなチープさがなくなりました。

ステッチの部分ポイントに入ったアクセントの色がおしゃれに引き立っています。

新旧ワルー 側面

キャンパス地とスエードのコンビネーションが新しい

横から見ると、新旧の違いがはっきりしてきます。

キャンパス素材のアッパーに、天然皮革のスエードが入って大人っぽいコンビネーション。ここでも新ワルーのおしゃれ度がアップしているのがわかります。

こうしてみると、キャンパス素材も旧ワルーはキャンパス地が少し粗めだったみたいですね。

通気孔も高さは変わりませんが、やや前のほうに移動しているようですよ。

ワルーには、もともとインナーがあるので素足で履いてもOKのスニーカーですが、通気孔の移動で靴の中のムレ対策になっているようです。

新旧ワルー かかと

かかとのデザインが大きく変わりました

そして、大きく変わったもう一つのポイントはこちら。かかとです。

旧ワルーは、デザインされた紐がかなりカジュアル寄りの印象だったのですが、ここにも天然皮革のスエードが入って、いいアクセントになっています。

靴の軽さを重視する人にとっては、アッパーに使われたスエード使いに少し重さを感じてしまうかもしれませんが、M7(25cm)で片足204gなので、一般的なスリッポンシューズに比べるとかなり軽量ですよ。

ちょっぴり上質で大人の雰囲気を持った新作は、この春の注目を集めそうです。


クロックス [PR]

クロックス オンラインショップ

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます