ペアリング設定

ペアリング設定中

先日、開催されたBOSEの試聴会で、7月12日に発売予定の「SoundLink Mini Bluetooth speaker」を見てきました。この記事ではそのときのワイヤレスの使用感などをレポートしていきます。

SoundLink Mini Bluetooth speakerの魅力は、やはり「ペアリング→再生」という簡単操作で音楽が楽しめるところではないでしょうか。

Bluetoothで広がるワイヤレスな音楽環境


SoundLink Mini Bluetooth speaker II(パール)

iPhoneやAndroidケータイをはじめとするスマートフォンやiPadの他、Bluetooth対応機器であればノートPCやタブレットでも簡単にワイヤレスで音楽を楽しむことができます。

最初の写真は、試聴会に参加していた方の協力で実際にペアリングしているところ。1分もかからず、あっという間にスピーカーから音楽が流れ始めました。

いいなー、すごいなスマホ。←ちょっと違う

ちなみに、手順はこんな感じ。

1. Bluetooth機器とSundLink Mini speakerの電源をオン。スピーカー側はBluetoothボタンを押してスピーカー検出可能状態にセット。

2. Bluetooth機器をSundLink Mini speakerが検出可能な状態に設定して、Bluetooth機器リストを開く。

3. Bluetooth機器リストから「Bose Mini SundLink」を選択。
(Bluetooth機器でパスコードが必要な場合は「0000」と入力して「OK」を選択)

こんな感じで設定完了です。ペアリング履歴は直近で6台まで保持しておけるので、複数の人と音楽を楽しむこともできるみたいですよ。携帯性に加えていろんなスタイルが楽しめそうです。

もちろん外部入力端子も装備しているので、携帯性は落ちてしまいますが、Blootoothに対応していない機器にも接続して音楽を楽しむことができます。

そして、操作ボタンはとてもシンプル。プレイリストやストリーミング再生などはBluetooth機器側で行うので、SundLink Mini speakerのボタンはこれだけです。

SoundLink Mini Bluetooth speakerの操作部分

操作ボタンは上面に整列

写真ではツルッとした印象に見えるかもしれませんが、意外としっかり線が切ってあって、途中で「+」「-」のボタンが出っ張ったりしたりしてるので、慣れてくればボタンを見ずに触った感じで操作することもできそうです。

充電は付属のクレードルで

SoundLink Mini Bluetooth speakerの充電

充電は付属のクレードルで

電源は充電式リチウムイオンバッテリーが内蔵されています。通常音量で約7時間の連続再生が可能なので、けっこう長時間楽しむことができるようです。

充電クレードルが付属しているので、本体を上に載せるだけで充電開始。

しかも、充電しながら音出しOKなので、時間にとらわれずガッツリ音楽を楽しみたい人にぴったりです。

携帯性を考えたアクセサリー

ソフトカバー

別売りのソフトカバーでカラーカスタマイズ

SundLink Mini speakerの注目ポイントは、携帯性を重視したそのボディです。

SoundLink BMSは樹脂製でしたが、SoundLink Mini Bluetooth speakerは軽くて丈夫なアルマイト仕上げ。最近のBOSE製品ではちょっと珍しいメタリックなグレーが印象的です。

このままでも十分かっこいいのですが、上の写真のようなソフトカバーで装いを変えることもできるんですよ。青、緑、赤(オレンジ?)の3色でカラーカスタマイズすることができます。

青と緑は透明で縁だけ色が変わる感じですが、オレンジは全面に色が入っているので、かなり印象がかわりますよ。

旅行用バッグ

旅行用バッグにはソフトカバーを装着してても入ります

それから、ソフトカバーの他に上記のような旅行用のバッグも用意されていて、かなり携帯性を重視した仕上がりになっているようです。

ただ、旅行用バッグはゴムの部分のカラーが緑色のみなんですよね。ソフトカバーは3色あるのに。試聴会でも、旅行用バッグとソフトカバーを両方検討してる人がいたらカラー選択がちょっと悩ましいんじゃないか? と、鋭い突っ込みが入ってました(笑)

アクセサリー類は7月以降発売の予定となっています。


SoundLink Mini Bluetooth speaker II(パール)

【30日間返品・返金保証】
ボーズには、ボーズ・サウンドを心ゆくまで体験できる30日間返品・返金保証制度があります。万一、満足できなかった場合、返品可能。送料をボーズが負担してくれます。(ボーズ・オンラインストア、フリーダイヤル、FAXの購入した人限定のサービスです)

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます